Apple、パズルを解きながらSwiftコードを学ぶことができる「Swift Playgrounds for Mac/iPad」をアップデート。iPad版ではカーソル操作に対応。

スポンサーリンク

 Appleがパズルを解きながらSwiftコードを学ぶことができる「Swift Playgrounds for Mac/iPad」をアップデートしています。詳細は以下から。

Swift Playgrounds for Mac

 Appleは現地時間2020年04月02日、Appleが開発したプログラミング言語「Swift」のプログラミングをパズルを解きながら学ぶ事ができる「Swift Playground」のiPad版をv3.3へアップデートし、iPadOS 13.4でサポートされたマウスやトラックパッドでのカーソル操作に対応したと発表しています。

Swift Playgrounds v3.3

Swift Playgrounds v3.3

  • iPadOSでの新しいカーソル操作に対応
  • チャレンジ“ブロック崩し”のアップデートにより、グラフィックスを一新。カスタマイズできる範囲が拡大
  • パフォーマンスの改善およびその他のバグ修正

Swift Playgrounds for iPad – App Store

 これによりiPad版はマウスやトラックパッドとキーボードで操作できるようになり、加えてiPadとMac版ではチャレンジの「ブロック崩し」のグラフィックスがアップデートされパフォーマンスが改善されているので、興味のある方は遊んでみてください。

Swift Playgroundsのブロック崩し

スポンサーリンク

おまけ

 iPadOS 13.4ではマウスやトラックパッドでのカーソル操作がサポートされましたが、一部古いマウスやトラックパッドはWi-FiおよびBluetooth接続に影響する場合があり、第1世代のMagic TrackpadとMouseではスクロールやジェスチャーが利用できないので注意してください。

iPadOS 13.4のMagic Trackpad

コメント

  1. 匿名 より:

    Swift PlaygroundsがApple Arcadeよりもどんどん面白くなっていく問題。