VNCクライアント「Screens」がiPadOS 13.4をサポート。iPadに接続されたマウスやトラックパッドを利用しmacOSやWindowsのマウスイベントを実行可能に。

スポンサーリンク

 VNCクライアント「Screens」がiPadOS 13.4をサポートし、iPadに接続されたマウスやトラックパッドを利用しmacOSやWindowsのマウスイベントを実行可能になっています。詳細は以下から。


 カナダのEdovia, Inc.は現地時間2020年03月26日、クロスプラットフォーム対応のVNCクライアント「Screens for iOS/iPad」をバージョン4.9.11へアップデートし、新たにiPadOS 13.4をサポートしたと発表しています。

Screens for iPadOS

 Screens for iOSは昨年10月のアップデートで、既にiOS 13/iPadOS 13のダークモードやマルチウィンドウ(iPadOS)をサポートしていますが、v4.9.11ではiPadで実行した左右のクリックやダブルクリック、ドラッグ(クリックをホールド)、スクロールなどのイベントがリモート側でも再現されるようになってます。

YouTube動画の画質が悪いのはネットワーク(Wi-Fi)環境のせいです。

 また、マウスやトラックパッドでScreens for iOSを利用する場合は、Screensの設定からマウスモードで「トラックパッド」を選択しておいた方がいいですが、[触覚フィードバック]設定は触覚フィードバックをサポートしたiOSデバイスにフィードバックを返す設定なので、Bluetooth接続されたMagic Mouse 2やTrackpad 2にはフィードバックされません。

Screens for iPadOSの設定

 Screens for iOSは2,440円とiOSアプリとしては高いですが、iPadで実際のmacOSやWindowsを利用している様な感覚を試してみたい方は購入してみてください。

スポンサーリンク

リリースノート

Screens now supports pointing devices on iPadOS 13.4!You can now use a compatible mouse or trackpad to control the remote computer Screens is connected to!

Supported events:

  • Left-click
  • Left-double-click
  • Right-click
  • Drag (left-click and hold momentarily, then drag)
  • Scroll (*see below for some great news for Mac users!)

It really feels like you’re in front of your computer and it works amazingly well! Make sure to update your iPad to the latest version in order to use an external mouse or trackpad with Screens or other apps!

But we didn’t stop there! Here are some other improvements in this version:

Fixed:

  • Fixed and issue that would prevent connections via Screens Express
  • Fixed an issue that would cause some logs not to appear in reports
  • Fixed a crash occurring when trying to create a group within a group
  • Fixed an issue that could cause Hot Corners to trigger when cursor was out of bounds

Improved:

  • Added pointer interactions around the app
  • Added momentum scrolling, including horizontal scrolling when connecting to Macs
  • Improved saved connections reordering, group creation and adding to groups
  • Improved performance and stability