2016年製以降のMacでスタートアップチャイムを有効にできるアプリ「Chime Enabler」や「Deeper」がリリース。

スポンサーリンク

 2016年製以降のMacでスタートアップチャイムを有効にできるアプリ「Chime Enabler」や「Deeper」がリリースされています。詳細は以下から。

Chime Enabler for Mac

 先日、スタートアップチャイムが廃止されたMacBook Pro (13インチ, Late 2016)以降のMacで、スタートアップチャイムを鳴るようにできるnvramコマンドが発見されましたが、このnvramコマンドをGUI化した「Chime Enabler」というアプリが公開されています。

Chime Enabler for Mac

sudo nvram StartupMute=%00 #スタートアップチャイムを有効にする

 Chime Enablerを公開したのは、macOSのインストーラーにパッチを当てることで、システム要件を満たしていないMacを最新のmacOSへアップグレードさせることが出来るmacOS Patcherシリーズを開発しているCollin Mistr(dosdude1)さんで、アプリは未証明/未公証ですが公式サイトのOther Softwareカテゴリに「ChimeEnabler.zip」として、ソースコードはGitHubリポジトリで公開しており、

Titanium Software Deeper

同じくMacのメンテナンスユーティリティOnyXを開発しているTitanium Softwareも、Macのスタートアップチャイム(起動音)を有効にできるオプションを追加した「Deeper 2.5.4」を公開しているので、スタートアップチャイムを有効にしたい方は試してみてください。