インストーラーにパッチを当てmacOS Catalina非サポートのMacをCatalinaへアップグレードさせることができる「macOS Catalina Patcher」がv1.0に。

スポンサーリンク

 インストーラーにパッチを当てmacOS Catalina非サポートのMacをCatalinaへアップグレードさせることができる「macOS Catalina Patcher」がv1.0(Alpha)になったそうです。詳細は以下から。

macOS 10.15 Catalina

 macOS PatcherシリーズはCollin Mistrさんが開発しているユーティリティアプリで、macOSのインストーラーにパッチを当てることでシステム要件を満たしていないMacを最新のmacOSへアップグレードさせるインストーラーを作成することができますが、このmacOS Patcherの最新版となる「macOS Catalina Patcher」が一足早くBetaテストを終えてv1.0 (正確にはv1.0.1)になったそうです。

macOS Catalina Patcher

1.0.1 – 7/23/2019

  • First non-beta release
  • All installation methods are now fully implemented
  • Added logging functionality in order to pinpoint issues if they do occur

macOS Catalina Patcher – dosdude1

 新たにリリースされたmacOS Catalina Patcher v1.0.1では直接のアップデートやインストーラの作成など全てのインストール手法がサポートされ、ユーザーは使いたいインストール手法をクリックしてmacOS 10.15 Catalinaのインストーラーを選択すればCatalinaにパッチが適用され、加えて問題が発生した際の解決の糸口となるLogウィンドウも実装されました。

macOS Catalina Patcher log

 macOS 10.15 Catalinaのシステム要件は以下の通りで、このパッチを利用すれば2008年製MacBook Pro/AirやiMac, Mac Pro、2009年製以降のMac miniやMacBookにCatalinaをインストールすることができますが、Catalinaでは32-bitアプリが起動しなくなるほか、システムボリュームがRead-Only化が行われるので、古いMacにはMojaveほどメリットがないと思われます。

macOS Catalina Patcher Success

macOS 10.12 Sierra
macOS 10.13 High Sierra
macOS 10.14
Mojave
macOS 10.15
Catalina
MacBook Late 2009以降 2015以降
MacBook Air Mid 2010以降 2012以降
MacBook Pro Late 2010以降
Mac mini Mid 2010以降
iMac Late 2009以降
iMac Pro macOS 10.13.2以降 2017以降
Mac Pro Mid 2010以降 Mid 2010
Mid 2012以降
2013以降

コメント

  1. Shiki Suen より:

    「64-bitアプリが起動しなくなる」って本当?

    • applech2 より:

      32-bitの誤りでした。先程修正したので朝には更新されていると思います。
      ご指摘ありがとうございます。

  2. 匿名 より:

    >>Catalinaでは64-bitアプリが起動しなくなるほか
    64-bitではなく32-bitの誤りなのでは