コマンドラインから新しいSwift Playgroundsを作成できる「SwiftPlaygroundsCLI」がリリース。

スポンサーリンク

 コマンドラインから新しいSwift Playgroundsを作成できる「SwiftPlaygroundsCLI」がリリースされています。詳細は以下から。

SwiftPlaygroundsCLI

 Appleは現地時間2020年02月11日、iPadアプリをMac化できるMac Catalystを利用し、2016年からiPadアプリとして提供している「Swift」言語のプログラミングをパズルを解きながら学ぶ事ができるSwift PlaygroundのMac版をリリースしましたが、このアプリのSwift Playgroundをコマンドラインから操作できる「SwiftPlaygroundsCLI」をドイツのiOSエンジニアのSven Tiigiさんが公開しています。

Easily generate Swift Playgrounds from your command line for the new Playgrounds App on macOS

SwiftPlaygroundsCLI – Sven Tiigi

スポンサーリンク

使い方

 SwiftPlaygroundsCLIはSwift CLI用パッケージマネージャMintやHomebrewでインストールするだけで、”swiftplayground new”で新しいSwift Playgroundの作成が、”swiftplayground new –view”でSwiftUIテンプレートのPlaygroundの作成が可能で、

インストール

SwiftPlaygroundsCLI

  • Mint
  • $mint install SvenTiigi/SwiftPlaygroundsCLI
  • Homebrew
  • $brew tap SvenTiigi/SwiftPlaygroundsCLI
    $brew install swiftplaygroundscli

“–url”オプションにURLを付けてGitHubリポジトリに公開されているコードをPlaygroundで開くことも可能なので、Swift Playgroundで遊んでいる方は試してみてください。

swiftplayground new --url https://gist.github.com/SvenTiigi/7eae5e55edd9be41211470fcbd937285