Apple、パズルを解きながらSwiftコードを学ぶことができる「Swift Playgrounds」アプリのMac版をリリース。Mac Catalystが用いられmacOS 10.15.3以降で利用可能。

スポンサーリンク

 Appleがパズルを解きながらSwiftコードを学ぶことができるiPadアプリ「Swift Playgrounds」をMac Catalystを利用してMacへ移植しています。詳細は以下から。

Swift Playgrounds for Mac

 Appleは現地時間2020年02月11日、2016年からiPadアプリで提供しているAppleが開発したプログラミング言語「Swift」のプログラミングをパズルを解きながら学ぶ事ができる「Swift Playground」をMacへ移植し、新たにMac App Storeでリリースしたと発表しています。

Swift Playgrounds for Mac

MacおよびiPad版のSwift Playgroundsは、楽しく遊びながらプログラミングを学べる画期的なアプリケーションです。“コードを学ぼう”レッスンでは、説明に従ってキャラクターを動かして、さまざまなステージをクリアしながら、コードの基礎を身につけます。さらに“チャレンジ”では、さまざまな課題に挑戦するユニークなコーディング体験が得られます。

Swift Playgrounds for Mac – Mac App Store

スポンサーリンク

Swift playground for Mac

 確認したところ、Swift PlaygroundのMac版はiPadアプリをMac化できるMac Catalystが利用され、システム要件は最新のmacOS 10.15.3 Catalina以上となっているため、それ以下だとダウンロード/使用することが出来ず、初期リリースバージョンはiPad版と同じv3.2のSwift 5.1 Edition。

Swift Playground for Mac

 Swift Playgrounds for Mac/for iPadのデータはMac/iPad間でiCloud同期され、Bluetooth APIを利用したロボットの操作や2Dゲーム用SpriteKit、アプリケーションユーザーインターフェース用フレームワークSwiftUIが利用可能で、

Swift Playground for Mac/iPad

Mac版の機能としてコードの入力候補の表示や括弧やスニペットのドラッグ&ドロップ機能が実装されているので、興味のある方はチェックしてみてください。

Swift Playground

便利なMac版の機能

  • コードの入力候補が表示されるので、数回クリックするだけですべてのコードを書くことができます
  • コードの入力候補の横に表示されるヘルプを参照することで、利用可能なコマンドについて学ぶことができます
  • ループや条件文のかっこをドラッグして、コードブロックをかっこの内側に入れることができます
  • よく使うコードのスニペット(コードの断片)をプレイグラウンドに直接ドラッグ&ドロップできます

コメント

  1. より:

    2年前から待ってました。

  2. 匿名 より:

    たーのし〜い