Apple、iPad上でiPhone/iPadアプリを開発しApp Store Connectに提出することができる「Swift Playgrounds v4.0」をリリース。

スポンサーリンク

 AppleがiPad上でiPhone/iPad用アプリを開発App Storeに提出することができる「Swift Playgrounds v4.0」をリリースしています。詳細は以下から。

Swift Playgrounds

 Appleは2021年06月に開催したWWDC21の基調講演で、新たにアップデートされる「Swift Playgrounds」がIDEとして進化し、iPad上でiPhoneやiPadアプリを開発しApp Store Connectに提出&App Storeに公開出来るようになると発表していましたが、

WWDC21でのSwift Playgrounds 4の発表

現地時間12月15日付けで、このiPhone/iPadアプリの開発機能をサポートしたSwift Playgroundsの最新バージョン「Swift Playgrounds v4.0」が新たにリリースされています。

Swift Playgrounds 4 now available

Swift Playgroundsはコーディングを学ぶ上で最も簡単かつベストな方法です。Swift Playgrounds 4では、iPad上から直接iPhoneとiPad向けのAppを構築でき、App Store Connectに直接提出できるため、Appを簡単に作成し世界に配信することができます。

ニュース – Apple Developer

Swift Playgrounds 4.0

 Swift Playgrounds 4.0でiPhone/iPadアプリを開発するにはiPadOS 15.2以降が必要ですが、新たにAppという項目からSwiftとSwiftUIを利用してiPhone/iPadアプリを開発し、プレイグラウンドで実際に動作させることが可能になっており、

Swift Playgrounds 4 SwiftUI

プロジェクトは最新のXcode for Mac v13.2と互換性があり、開発したアプリはSwift PlaygroundsとApp Store Connect(現在準備中?)を通してApp Storeにアップロードできるようになっているそうなので、iPadでiPhone/iPadアプリを開発したい方はチェックしてみてください。

Swift Playgrounds 4 SwiftUI

Swift Playgrounds 4.0の機能:

  • iPadで、SwiftUIを使ってiPhoneやiPadのAppを作ることができます(iPadOS 15.2以降が必要)
  • App Store Connectと統合することで、完成したAppをApp Storeにアップロードできます
  • Appに変更を加えると、Appのプレビューにアップデート内容がライブ表示されます
  • フルスクリーンのプレビューでは、Appが隅から隅まで表示されます
  • コード行内に入力候補が表示されるので、コードを素早く正確に入力できます
  • Appプロジェクトにより、プロジェクトをXcodeに簡単に移動し、また戻すことができます
  • プロジェクト全体の検索により、複数のファイルからの結果を表示できます
  • “スニペット”ライブラリでは、SwiftUIが提供するさまざまなコントロール、記号、色を利用できます
  • Swiftパッケージに対応したことで、公開されているコードを再利用してAppの機能を拡張することができます