Primate Labs、新しいコンパイラでビルドしAVX512をサポートしたプロセッサでのワークロードを改善したベンチマークアプリ「Geekbench v5.1」をリリース。

スポンサーリンク

 Primate Labsが新しいコンパイラでビルドしAVX512をサポートしたプロセッサでのワークロードを改善したベンチマークアプリ「Geekbench v5.1」をリリースしています。詳細は以下から。

Geekbench 5.app

 カナダPrimate Labs Inc,は現地時間2019年12月24日、今年09月にリリースしたクロスプラットフォームに対応したベンチマークアプリ「Geekbench v5」を新コンパイラなどでビルドし直した「Geekbench v5.1」アップデートをリリースしたと発表しています。

Geekbench v5.1 Now Available

Published Dec 23, 2019 by John Poole
Geekbench 5.1, the latest version of Primate Labs’ popular cross-platform benchmark, is now available for download. This update improves the performance of the CPU and Compute Benchmarks across all systems, and is a recommended update for all Geekbench 5 users.

Geekbench 5.1 – Geekbench

 Geekbenchシリーズの開発者であるJohn Pooleさんによると、Geekbench v5.1はAndroid NDK r21やClang 9.0、Xcode 11.2など各プラットフォームで比較的新しいコンパイラを使用してビルドし直しており、iMac Pro (2017)やMac Pro (2019)などに採用されているXeonプロセッサでサポートされているIntel AVX-512命令を利用しAES-XTSワークロードのパフォーマンスの向上させ、

Geekbench 5.1 - Geekbench

その他、Machine LearningやImage Inpainting、Depth of FieldなどGeekbench v5.0で新たにサポートされたAR(仮想現実)やML(機械学習)分野のワークロードの改善を行っているため、Geekbench v5.0.xと比較してCPUおよびComputeベンチマークのスコアが少し上昇するので、Geekbench v5.0のスコアとはあまり比較しないことを勧めています。

Comparing Geekbench 5 Scores
Geekbench 5.1 is built with new compilers, and includes changes to both the CPU and Compute Benchmarks. These changes mean Geekbench 5.1 scores will be higher than Geekbench 5.0 scores. As a result, we recommend users not compare Geekbench 5.0 and Geekbench 5.1 results.

Geekbench 5.1 – Geekbench

スポンサーリンク

リリースノートとおまけ

 Geekbench v5.1のリリースノートは以下の通りで、JohnさんはMac Pro (2019)の最上位モデルとなる28-Coreモデルを購入し、iMac Pro (2017)の18-CoreモデルよりGeekbench v4のビルドが約30秒ほど早いことを確認(前者が70秒、後者が90秒)したそうですが、やはりここ最近のトレンドとして32-CoreのRyzen Threadripper 3970Xとの比較が気になってしまうようです。

リリースノート

  • Build Geekbench 5 for Android with Android NDK r21.
  • Build Geekbench 5 for Linux, Windows with Clang 9.0.
  • Build Geekbench 5 for iOS, macOS with Xcode 11.2.
  • Improve AES-XTS workload performance on processors with AVX512 support.
  • Improve Machine Learning workload performance on processors with AVX support.
  • Improve Image Inpainting workload performance on Linux.
  • Improve Depth of Field workload performance on Vulkan.
  • Improve Horizon Detection workload performance on Vulkan.
  • Improve GPU buffer selection for Metal workloads on iOS, macOS.
  • Improve buffer management in Metal workloads on iOS, macOS.
  • Consolidate command buffers in Vulkan workloads, improving performance.
  • Disable bounds checking in Vulkan buffers, improving performance.