Pioneer DJ、macOS 10.15 Catalinaとrekordboxおよびハードウェア製品との互換性情報を公開。

スポンサーリンク

 Pioneer DJがmacOS 10.15 Catalinaとrekordboxおよびハードウェア製品との互換性情報を公開しています。詳細は以下から。


 DJ用機器やアプリケーションを開発&販売しているPioneer DJは日本時間2019年11月06日、09月に公開していた同社のrekordboxやハードウェア製品とmacOS 10.15 Catalinaとの互換性情報を更新し、macOS Catalinaでの検証結果を公開しています。

Pioneer DJ Compatibility info macOS 10.15 Catalina

【重要】 macOS Catalina 10.15 互換性情報
現在当社ではmacOS Catalina 10.15 と rekordbox、ハードウェア製品の互換性確認をおこなっています。
2019年11月6日現在の検証結果は下記からご確認ください。

【重要】 macOS Catalina 10.15 互換性情報 – News – Pioneer DJ

 公開された検証結果によると、rekordboxとmacOS Catalinaで導入されたミュージックアプリ(旧iTunes)との連携には手動でXMLファイルを出力する必要があるほか、一部のDJ機器がUSB接続でオーディオデバイスとして認識されない不具合やドライバーソフトウェアがインストールできない不具合、ファームウェアのアップデートが終了できない不具合が確認されているので、ユーザーの方はチェックしてみてください。

Pioneer DJ  macOS Catalina 10.15 対応状況

注意事項がある製品

【CDJ-2000NXS2、CDJ-TOUR1、 XDJ-1000MK2:USB接続時】

  • オーディオデバイスとして認識できない不具合が確認されております。 対応が出来次第お知らせ致します。

【XDJ-RX】

  • ドライバーソフトウェアのインストールできない不具合が確認されております。12月中旬を目処にドライバーの対応をする予定です。

【DDJ-SX3】

  • ファームウェアのアップデートが終了できない不具合が確認されております。対応したファームウェアアップデーターを準備しています。対応出来次第お知らせ致します。

【rekordbox】

  • ミュージックアプリ(旧iTunes)と連携するには手動でXMLファイルを出力する必要があります。