Ableton、macOS 10.15 CatalinaではDAWアプリ「Live 9」が起動しなくなるとしてアップグレードしないように指示。

スポンサーリンク

 AbletonがmacOS 10.15 CatalinaではDAWアプリ「Live 9」が起動しなくなるとしてアップグレードしないように指示しています。詳細は以下から。

Ableton Live 9

 DAWソフトウエアを手掛けるドイツAbleton社は現地時間2019年09月05~09日にかけて、Appleが10月にリリースを予定しているmacOS 10.15 CatalinaではDAWアプリ「Ableton Live 9」が起動しなくなるとしてユーザーに対しアップグレードしないように指示しています。

macOSの新バージョンである10.15 “Catalina”が2019年9月にリリースされる予定です。Live 9には、macOS 10.15のリリースで下位扱いになるコンポーネントが含まれています。 そのため、macOS 10.15にアップデートすると、Live 9が起動しなくなると考えられます。Live 9と公式に対応しているバージョンでもっとも新しいのは、macOS 10.13 “High Sierra” (英語)です。

Live 9とmacOS 10.15 “Catalina”の互換性 – Ableton

 英語のサポートドキュメントによると、Ableton Live 9の公式サポートはmacOS 10.13 High Sierraまでで、macOS 10.14 Mojave以降はLive 10で公式サポートされていますが、MojaveでもLive 9が動作することから動作保証はないものの利用しているユーザーに対し

Ableton Live 9とmacOS 10.15 Catalina

Mojaveで利用するさいの注意事項を公開していますが、macOS Catalinaでは32-bitアプリやフレームワークが動作しなくなるため、Live 9の一部のコンポーネントがその対象となり、アプリが起動しなくなるそうです。

Live 9をお持ちで引き続きお使いになりたい方には、macOS 10.15へアップデートしないことを強く推奨しています。 さらなるアップデートをLive 9に加える予定はありません。すでにmacOS 10.15へアップデートしていて引き続きLive 9をお使いになりたい場合は、以前のバージョンに戻すことを推奨しています。

Live 9とmacOS 10.15 “Catalina”の互換性 – Ableton

 AbletonはLive 9をmacOS 10.15 Catalinaへ対応させる予定はなく、Catalinaで利用したい場合はLive 10を、Live 9を利用したい場合はCatalina以外を利用するようにコメントしており、加えてNative InstrumentsやSeratoもユーザーに対し、macOS 10.15 Catalinaとの互換性が確認されるまでアップグレードを控えるようにコメントしているので、ユーザーの方は注意してください。

PFUも同様の注意事項を古いScanSnapユーザーに対し公開しています。

コメント

  1. 匿名 より:

    10.15って、いろんな物が動かなくなって、
    それでも、ユーザーは、ついてくるとでも…