Microsoft、ChromiumベースになったWebブラウザ「Microsoft Edge Insider for macOS」のDev Channelを公開。

スポンサーリンク

 MicrosoftがChromiumベースになったWebブラウザ「Microsoft Edge Insider for macOS」のDev Channelを公開しています。詳細は以下から。

Microsoft Edge Insider

 Microsoftは現地時間2019年06月04日、05月20日に公開したChromiumベースのWebブラウザ「Microsoft Edge Insider」のCanary Channel版に続き、Dev Channel版が新たに公開されたと案内しています。

Microsoft Edge Insider for macOS

Our dev builds are the best representation of our improvements in the past week. They have been tested by the Microsoft Edge team, and are generally more stable than Canary.

Microsoft Edge Insider Channels – Microsoft

 Dev Channelは毎日アップデートされるCanary Channelとは違い、週単位でのアップデートとなっておりCanary版と比較して安定していますが、名前の通り開発者向けで、Microsoftはさらに安定し6週間ごとにアップデートされるBeta Channelも用意していますが、現在のところまだmacOS/Windows版ともに公開されていないようです。

Microsoft Edge Insider for macOS Dev

Update 6/4/19: In addition to the Canary Channel we released last week, you can now download the Dev channel for macOS from the Microsoft Edge Insider website. This release enables dark mode, which makes your tabs, address bar, toolbar, menus, and other elements use dark colors if you have your macOS theme set to “Dark Mode.”

Introducing the first Microsoft Edge preview builds for macOS – Windows Blog

 Microsoftによると、Dev Channelで公開されたMicrosoft Edge Insider for macOS v76.0.76.1では05月に公開されたCanary Channelよりダークモードの対応が進み、タブやアドレスバー、ツールバー、メニュー、その他各エレメントが最適化され、今後数週間でさらに設定や管理ページなどを対応させるそうなので、興味のある方は試してみてください。