Microsoft、macOSに最適化されたChromiumベースのWebブラウザ「Microsoft Edge for macOS」のPreview Build版を公開。

スポンサーリンク

 MicrosoftがChromiumベースになったWebブラウザ「Microsoft Edge Preview builds for macOS」を公開しています。詳細は以下から。

Microsoft Edge Preview builds for macOS

 Microsoftは現地時間2019年05月20日、昨年12月に発表したとおり、Chromiumオープンソース・プロジェクトを採用したMac用Webブラウザ「Microsoft Edge」のPreview版を新たに公開したと発表しています(動画はWindows Preview)。

Last month, we announced the first preview builds of the next version of Microsoft Edge for Windows 10. Today, we are pleased to announce the availability of the Microsoft Edge Canary channel for macOS.

Introducing the first Microsoft Edge preview builds for macOS – Microsoft Edge Blog

スポンサーリンク

Microsoft Edge for macOS

 Microsoft Edge for macOSの”First Preview”には07月リリース予定のChrome v76に合わせバージョンがv76.0.161.0となっており、Chrome同様にユーザープロフィールやタスクマネージャー、ダウンロードマネージャーが実装され、

Microsoft Edge Preview builds for macOSの1st Preview

初期起動時または”Import browser data”からは既存のGoogle ChromeやFirefox, Safariブラウザからデータをインポートすることが可能となっており、Google Chromeからは全てのデータをインポートして利用することができるようになっています。

Microsoft Edge for macOSのインポート機能

インポートできるデータ Chrome Firefox Safari
プロフィールの選択
お気に入り
ブックマーク
保存された
パスワード
フォームや支払い情報などの
自動入力データ
履歴

 また、Microsoft Edge for macOSはフォントやメニュー、キーボードショートカットなどがmacOSに最適化され、macOS MojaveのダークモードやMacBook Proに搭載されているTouch Barにも対応し、

macOSに最適化されたMicrosoft Edge for macOS

Touch Barからはタブの切替やYouTubeなどのメディアコントロールが可能になっているほか、ChromeウェブストアからChrome機能拡張をインストールして利用することも出来ます。

Chrome機能拡張をサポートするMicrosoft Edge for macOS

 Microsoft Edge for macOSのプレビュー版は現在のところCanary Channelのみとなっていますが、今後はDev Channelでも公開予定で、正式リリースは2019年の秋を予定。

Microsoft Edge for macOSのsend feedback

システム要件はmacOS 10.12 Sierra以上でMicrosoftはユーザーが素早くフィードバックを送れるようにメニューバー右上にフィードバックをスクリーンショット付きで送れる☺マークの”Send feedback”機能を実装しているので、興味のある方は試してみてください。