Microsoft、次期バージョンの「Microsoft Edge」から他のChromiumベースのブラウザに合わせてAdobe Flashの廃止を進めると発表。

スポンサーリンク

 Microsoftが次期バージョンの「Microsoft Edge」から他のChromiumベースのブラウザと時期を合わせてAdobe Flashの廃止を進めると発表しています。詳細は以下から。

Microsoft Edge Insider for macOS Beta

 Microsoftは現在、同社のデフォルトWebブラウザである「Microsoft Edge」Chromiumベースへ移行するため、Canary/Dev/BetaChannel版を公開し開発を進めていますが、Microsoft Edge Teamは現地時間2019年08月30日、ChromiumベースのEdgeとInternet ExplorerでAdobe Flashの廃止を今後どう行っていくかを公式ブログにて公開しています。

Update on removing Flash from Microsoft Edge and Internet Explorer

In the next version of Microsoft Edge (built on Chromium), we will continue to retire Flash in the same timeframe as other Chromium based browsers. You can learn more of that timeline in this blog post. Flash will initially be disabled, and the user will need to re-enable Flash on a site-by-site basis; Flash will be completely removed from the browser towards the end of 2020.

Update on removing Flash from Microsoft Edge and Internet Explorer – Microsoft Edge Blog

スポンサーリンク

Chromiumと同じタイムフレームで廃止を進める。

 Edge Teamによると、Microsoftは次期バージョンのMicrosoft Edge(Chromiumベース)から、他のChromiumブラウザと同じタイムフレームでAdobe Flashの廃止を行う計画で、GoogleがGoogle Chrome v76でFlashをデフォルトで無効化した通り、次期バージョンのEdgeでもFlashがデフォルトで無効化され、2020年末には完全に廃止するそうです。

Webブラウザ「Microsoft Edge」とAdobe Flash

chrome://settings/content/flash

 ChromiumベースのMicrosoft Edge(Beta)では既にChrome v76同様にFlashがデフォルトで無効化されており、有効にすると起動時に「Flash Playerは2020年12月以降サポートされなくなります。」というMicrosoft Blogへのリンク付き警告が表示されるようになっていますが、これはChromiumベースのMicrosoft Edgeのみの仕様で、EdgeHTMLベースのEdgeとInternet Explorer 11は引き続き2019年中は現在の仕様を維持するそうです。

Microsoft no longer support adobe flash

For both the in-market version of Microsoft Edge (built on EdgeHTML) and Internet Explorer 11, the current experience will continue as-is through 2019. We plan to fully remove Flash by December 2020.

Update on removing Flash from Microsoft Edge and Internet Explorer – Microsoft Edge Blog

コメント

  1. 匿名 より:

    Flashはいったい何がだめだったんだろうな…
    セキュリティガーと言うのはわかるんだが、具体的にどこがどうダメかがいまいち