クロスプラットフォームに対応したオープンソースのノートアプリ「Notable」がHTML/MarkdownでのエクスポートやSplitViewモードに対応。

シェアする

スポンサーリンク

 クロスプラットフォームに対応したオープンソースのノートアプリ「Notable」がHTML/MarkdownでのエクスポートやSplitViewモードに対応しています。詳細は以下から。

Notableのアイコン

 Notableはイタリア・カターニア大学のFabio Spampinatoさんが2018年12月に公開したオープンソースのノートアプリで、Joplinのように脱Evernoteユーザー向けにノート(.md)と添付ファイルを分離して管理するディレクトリ構造やファジー検索、タグのネスト化などがサポートされていますが、このNotableがv1.2.0アップデートでHTMLおよびMarkdown, PDFでのエクスポート機能をサポートしています。

Export: added support for Markdown

 また、Notable v1.2.0ではエディタエリアとプレビューエリアの両方を表示するSplit-Viewモードやファイルの自動保存機能、メタデータへの作成日と変更日保存、Markdownレンダリングの最適化、Eletronをv4へ変更といった改善も行われているので、Evernoteに代わるアプリを探している方は試してみてください。

Added a Split-View mode

New Features

  • Added a cross-platform “About” window
  • Export: added support for HTML
  • Export: added support for Markdown
  • Export: added support for PDF
  • Added “Undo” and “Redo” to the menu
  • Added an Help -> View Changelog menu entry
  • Added a menu entry for opening the devtools
  • Added a “Float on top” menu entry
  • Added a “New from Template” menu entry
  • Added a shortcut for “Permanently Delete”
  • Added some delete-key based shortcuts for trashing/restoring/deleting a note
  • Added basic support for range selection when holding shift key
  • Added support for toggling checkboxes in preview mode
  • Added a Split-View mode
  • Added autosaving capabilities
  • Preserving metadata about creation and modification dates