Logitechの次期マウス&キーボード用ユーティリティ「Logi Options+」がmacOS 12 Montereyをサポート。

スポンサーリンク

 Logitechの次期マウス&キーボード用ユーティリティ「Logi Options+」がmacOS 12 Montereyをサポート。ます。詳細は以下から。

Logi Options Plus

 スイスLogitech(日本ではLogicool)は2021年05月、同社のマウスやキーボードの機能をカスタマイズできるユーティリティ「Logitech Options」の次世代バージョンとなるLogi Options+」アプリのBeta版を公開していますが、このLogi Options+の最新バージョンとなるv0.61がリリースされています。

 Logi Options+ v0.61では新たにmacOS 12 Montereyが正式にサポートされ、macOS 12のLaunchpadにアイコンが2つある問題や、いくつかのクラッシュ問題が修正されています。

Logi Options Plus v0.61

このリリースには、macOS 12のサポートとその他の修正が含まれています。

リリースノートより

 Logitechは現在のところ、現行のマウス/キーボード・ユーティリティ「Logitech Options」をmacOS 12 Montereyへ対応させていないので、近くOptions+が正式にリリースされ、Optionsはメンテナンスに移行するかもしれません。

Logitech Options not support macOS 12 Monterey

スポンサーリンク

Logi Options+ V0.61

新機能

  • アプリはmacOS 12に対応しています。

修正点

  • Windows上での画面キャプチャアクションを修正しました。画面切り取りツールを起動する、「画面の切り取り」という別のアクションを追加しました。
  • macOS 12のLaunchpadにある2つのアプリアイコンの問題を修正しました。
  • いくつかのクラッシュの問題を修正しました。

コメント

  1. 匿名 より:

    正式リリースされたら使ってみるかな