MacBook Air (2018)の第3世代バタフライ構造キーボードで特定のキー入力が遅れて入力される問題が確認される。

 第3世代バタフライ構造のキーボードを搭載したMacBook Air (2018)で特定のキー入力が遅れて入力される問題が確認されているそうです。詳細は以下から。


 Appleは昨年11月07日より、新しいRetinaディスプレイと第3世代バタフライ構造のキーボードを採用したMacBook Air (Retina, 13-inch, 2018)の発売を開始ししましたが、発売から2ヶ月ほどたった2019年01月頃から、このMacBook Air (2018)のキーボードでもMacBook Pro (2016~2018)同様、キーの2重入力問題が確認され始めました。

Multiple reports of the MacBook Air spacebar causing double-keypresses already (including @siracusa).Anecdotally, the 2018 membrane does seem to be reducing failures due to dust ingress, but the butterfly keyboard has always had multiple failure types. Others seem to remain.

Marco Arment – Twitter

スポンサーリンク

新しい問題

 これに対し、カナダUnbox TherapyのLewis Hilsentegerさんは、YouTubeにて自身のMacBook Air (2018)ではキーの2重入力に加えて、特定のキー入力が他のキー入力の後にデリバリーされるとして、以下の動画を公開しています。

 LewisさんのMacBook Air (2018)ではeキーとスペースキーに問題が発生しており、例えば“time you”と入力したい場合に”e”や” (スペース)”が2重入力されるだけでなく、“time eyou”とスペースの後に予期しない”e”が遅れて入力されるというもので、

この不具合ではキーの2重入力の間に違う入力が入っているため、ソフトウェア的にキーの2重入力を検知して後のキー入力を無効にしてくれるユーティリティアプリUnshakyも効果がないため、後はAppleでのハードウェア対応になると思われます。

 この様な問題に遭われているユーザーは少ないようですが、YouTubeのコメント欄やMarco/LewisさんのTwitterには同じ問題に遭われている方がコメントしているので、興味のある方はチェックしてみてください。

バタフライ構造キーボードのタイムライン

  • 2015年03月
    ▶従来のシザー構造のキーと比較して4倍の安定性と40%薄く、17%キートップが大きくなった全が新しいバタフライ構造のキーボードを搭載したMacBook Early 2015を発表。
  • 2016年01月
    ▶バタフライ構造を採用したMacBook Early 2015の特定のキーの反応や感覚が他と違う場合があるとして、エアダスターを利用したキーボードの掃除方法を公開。
  • 2016年10月
    ▶第2世代バタフライ構造キーボードやTouch Barを搭載したMacBook Pro Late 2016シリーズを発売。
  • 2017年02月
    ▶MacBook Pro Late 2016ユーザーから特定のキーから他のキーと違う音が聞こえる、またはキーが反応しなくなるといった報告がされる。
  • 2017年06月
    ▶第2世代バタフライ構造のキーボードを採用したMacBook (Retina 12-inch, 2017)と、マイナーアップデートしたMacBook Pro 2017を発売。
  • 2017年06月
    ▶MacBook/MacBook Pro 2017モデルでキートップのシンボル(Commandなど)が変更される。
  • 2017年07月
    ▶MacBook Pro 2016と2017を比較した結果、第2世代バタフライ構造のキーボードがアップデートされていることが確認される(iFixit)。
  • 2017年後半
    ▶MacBook Proキーボードの交換を求めるキャンペーンなどが行われ始める。
  • 2018年05月
    ▶AppleInsiderがシザー構造とバタフライ構造のキーボードを採用したMacBook Proの不具合発生率のデータを公開
  • 2018年06月
    ▶AppleがMacBook Early 2015およびMacBook Pro 2016モデル以降の一部のキーボードに、文字が入力されない、押したキーのスムーズな跳ね返りや反応がない問題が確認されたとしてMacBook および MacBook Pro キーボード修理プログラムを開始。
  • 2018年07月
    ▶第3世代バタフライ構造キーボードを採用したMacBook Pro (2018)を発売。
  • 2018年11月
    ▶第3世代バタフライ構造キーボードを採用したMacBook Air (Retina, 13inch, 2018)を発売。
  • 2019年01月
    ▶第3世代バタフライ構造キーボードを採用したMacBook Air (Retina, 13inch, 2018)でもキーの2重入力問題やキー入力の遅れが指摘される。
スポンサーリンク