MacBook Air (Early 2015)は4K(3840×2160)ディスプレイでリフレッシュレート60Hzをサポートしているもよう。


 MacBook Air (Early 2015)は4K@60Hzをサポートしているようです。詳細は以下から。


 先日のスペシャルイベントで発表されたMacBook Air (Early 2015)はAppleの公式サポートページで4K出力が可能なMacのラインナップに追加されてはいたものの、MST(Multi-Stream Transport)サポート欄には記載がなかったためHaswellモデルと同様Appleが帯域を制限しているのかと思われていましたが、Ars Technicaが確認したところ特別な設定など必要無く4K@60Hz出力が可能だったそうです。


We were fairly sure that Apple’s spec page was incorrect, but to get a definitive answer we dove into the still-nascent 4K display ecosystem to do some testing. The short answer is that yes, both the Pros and Airs now support 4K output at 60Hz using a single DisplayPort 1.2 cable. Last year’s Air connected to the same display with the same cable can manage, at best, a blurry 2560×1440.

[Yes, the 2015 MacBook Air supports 4K displays at 60Hz – Ars Technica]

 Ars TechnicaはMacBook Air (Early 2015)に採用されているBroadwell-Uは「DisplayPort 1.2接続での4K(3840×2160)ディスプレイでの60Hz出力をサポート」となっているものの、Appleの公式サポートページにその記述が無いのは変だと考えDellのP2415QをMacBook Air (Early 2015) 13インチモデルに接続、


Intel’s documentation tells us that the new Broadwell-U processors and their integrated GPUs support output of up to 3840×2160 at 60Hz when connected using DisplayPort 1.2, where the Haswell versions were capped at 30Hz (4K over HDMI remains capped at 24Hz, a limitation of the HDMI 1.4 spec).

[Yes, the 2015 MacBook Air supports 4K displays at 60Hz – Ars Technica]

 P2415Qは4Kディスプレイと認識され、HiDPIモードのSafariで”BlurBusters refresh rate test“を使用して確認したところリフレッシュレート60Hzとなったそうです。


Despite what Apple’s spec page currently says, connecting the 2015 Air to the P2415Q worked perfectly. The Mac detected the display, noticed that it was 4K, and without any extra cajoling began displaying in HiDPI mode. You get the same usable screen space as a standard 1080p display, just with sharper images and text. The BlurBusters refresh rate test verified that we were looking at 60Hz output.

[Yes, the 2015 MacBook Air supports 4K displays at 60Hz – Ars Technica]

 Ars TechnicaのシニアエディタAndrewさんは「MacBook Air (Early 2015)を4K@60Hzで使用するとフルスクリーンモードやミッションコントロール時にフレームレートが明らかに落ちますし、ゲームや3Dを用いた仕事をも同様でしょう。[…] というわけで新しいMacBook AirはSSTモードでの4K@60Hzをサポートしており、スケーリング機能を使用しないなら十分使用できます」とコメントしています。

Dropped frames are clearly visible when entering into Full Screen mode or using Mission Control, and of course you’ll never want to try playing games or doing heavy 3D work at native resolution. But things are more than smooth enough for desktop use.


So there you have it: the new MacBook Air definitely supports 4K displays at 60Hz in SST mode, and it actually supports them fairly well if you’re not using OS X’s scaling functions. 
[Yes, the 2015 MacBook Air supports 4K displays at 60Hz – Ars Technica]

Mac コンピュータで 4K ディスプレイと Ultra HD TV を使う – Apple

バッテリーユニットはMid 2013と同じで駆動時間は+2時間、iFixitのMacBook Air (Early 2015)の分解レポートから分かったことまとめb.hatena

Apple、4Kディスプレイ対応のMacのサポートページを更新。MBA(Early 2015)が追加され、rMBP(Early 2015)は4K60Hzにも対応


  1. Apple7743 より:


  2. Apple7743 より:

    Ars TechnicaのライターさんはAppleのスペックページを修正するように連絡したらしいけど、Appleとしては5Kも視野に入れてMST対応してないと4K@60Hz対応!とは書かないんじゃないかな?
    >We’ve informed Apple about the issue, and hopefully the specs pages will be updated accordingly.

  3. Apple7743 より: