バタフライ構造を採用したMacBook Pro 2016のキーボードは前モデルのキーボードと比較して約2倍の不具合が発生している?

シェアする

スポンサーリンク

 バタフライ構造を採用したMacBook Pro 2016のキーボードは前モデルのキーボードと比較して約2倍の不具合が発生しているというデータがあるようです。詳細は以下から。

MacBook Pro Late 2016のアイコン。

 Appleは2016年末に発売したMacBook Pro 2016 (Touch Bar/非Touch Bar搭載)モデルで、これまでのシザー構造キーボードに代わりMacBookモデルと同じAppleの第2世代バタフライ構造キーボードを採用しましたが、

キーボードを進化させるために、バタフライ構造が進化しました。
新たにAppleの第2世代のバタフライ構造を採用することで、キーボードの体験を進化させました。さらに快適な使い心地と、さらに優れた反応が得られます。キーを叩くと、きびきびとした動きで沈み込んで跳ね返るので、タイピングを始めた瞬間に指先が違いに気づくはずです。

MacBook – Apple(日本)

米AppleInsiderが得たデータによると、このバタフライ構造キーボードの不具合発生率はシザー構造のキーボードを搭載している前モデルのMacBook Proと比較して約2倍の発生率となっているそうです。

Apple launched its new butterfly key-switch keyboard with the MacBook, with some usability complaints starting nearly immediately, but it wasn’t until its adoption in the MacBook Pro in 2016 that reliability concerns started popping up —and AppleInsider has the hard data on failure rates.

2016 MacBook Pro butterfly keyboards failing twice as frequently as older models – AppleInsider

スポンサーリンク

AppleInsiderのデータ

 AppleInsiderはどういうルートでデータを得たのかを明らかにしていませんが、データはアメリカのApple Genius BarsおよびAppleが認証したサードパーティの修理店舗で発生した2014, 2015, 2016, 2017年モデルのMacBook Proの修理件数を示しているそうで、それによるとMacBook Proのキーボードは年代別に以下の様な不具合発生率となっているそうです。

  1. 2014年モデルのMacBook Proは発売年に2120件のサービスイベントが発生しており、そのうちUpperケースの交換を伴うキーボードに関する不具合は118件で、これは全てのサービスイベントの約5.6%に相当する。
  2. 同様に、2015モデルは1904件のサービスイベントが発生しており、そのうちキーボードに関する問題には114件のチケットが発行され、これは全てのサービスイベントの約6%に相当する。
  3. 次に、新しいバタフライ構造のキーボードが採用されたMacBook Pro 2016年モデルでは1年目に1402件のイベントがあり、そのうちTouch Barを含まないキーボードだけに関する問題は165件で、これは全サービスイベントの11.8%に相当する。
  4. 2017年06月に発売されたMacBook Pro 2017年モデルの年間データは現在のところ持っていないが、今のところ1161件のサービスイベントでキーボードに関する問題(Touch Bar除く)は94件で、全てのサービスイベントの中でキーボードに関する不具合は約8.1%となっている。
Appleは2012年のRetina MacBook Proから2015年まで基本的なキーボードの構造を変更していないため、2014と2015年度のデータはほぼ同じになっているようです。

MacBook Pro 2016と2017

 AppleInsiderが得たデータが正しいは定かではありませんが、キーボードの不具合発生率はAppleのGenius Barとサードパーティ店舗の間でも確認でき、MacBook Pro 2016モデルでは特定のキーだけ入力できなくなる問題が指摘され、

MacBook Pro 13inch Touch Bar搭載モデルの2016と2017のキーボード比較

画像はクリックで拡大

Appleは2017年モデルでキートップを刷新するとともに、キーボードの内部を改善したことがユーザーのレポートで明らかになっているため、2017年モデルのキーボードの不具合発生率が2016年より低下していることも裏付けられるデータで、加えてAppleInsiderは再修理データも以下の様に掲載しています。

再修理

  1. 2014年モデルのMacBook Proではキーボード問題で送られてきた118件のMacBook Proの内、8件が90日以内に再び修理に出され、2015年は6件だが、3度目の修理は無かった。
  2. 2016年モデルのMacBook Proではキーボード問題で送られてきた165件のMacBook Proの内、51件が再び修理に出され、10件以上が3度目の修理となった。
  3. 現在のところ、2017年モデルのMacBook Proではキーボード問題で送られてきた94件のMacBook Proの内、17件が再び修理に出され、3件が3度目の修理となっている。

おまけ

 MacBook Proのキーボード問題については2016年モデル発売時から報告されていますが、今回AppleInsiderがこのようなデータを公開した経緯は、04月始めに登録者数933万人以上のYouTubeチャンネルを持ち、CNN入りしたCasey Neistatさんが、MacBook Proのキーボードの関する不満をTwitterに投稿して以来、

Daring FireballのJohn GruberさんやSix ColorsのJason Snellさん、iMoreのRene Ritchieさんらを巻き込んだ論争となっている背景があるので、興味のある方は以下のリンクをチェックしてみて下さい。

コメント

  1. 匿名 より:

    自分のも上下カーソルキーが購入当時から効きが悪い
    クリック感があるのに入力されない
    保証切れたしなぁ、仕方ないから使い続けるけど

  2. 匿名 より:

    販売台数で正規化しないと

  3. 匿名 より:

    そりゃそうでしょ
    こんなヘコヘコキーボードの糞具合なんて12インチMacBookのときに分かってたのに
    何でProにまで使おうと思ったんだか… デザイナーは責任取れよな

  4. 匿名 より:

    MacBook Proの鍵盤は欠陥。
    applech2.comの記事も欠陥。

    • 匿名 より:

      >MacBook Proの鍵盤は欠陥。
      applech2.comの記事も欠陥。


      素晴らしいコメント。
      ある意味、完璧だよ君はw。

  5. 匿名 より:

    クリック感はいいけど、打ちやすいとは思えないわ。
    でもモバイルだったらいいかな。

    iMacはいい加減まともなキーボードとマウスに戻して欲しい。
    入力装置はゴツいやつの方が使いやすい。

  6. 匿名 より:

    2017の13インチ使ってるけど、3月に修理に出してUpperケースを交換してもらった。
    製造時のものよりも改良されたものに交換したって話(2016と勘違い?)だったが実際どうなのかはわからない。

  7. 匿名 より:

    自分の周りでも2016のキーボードの故障率高い。

  8. 匿名 より:

    2016のpro15、特定のキーが2度押しになる不具合が出て修理したけど、
    1回目修理の後に3ヶ月で同じ不具合出て、もう一度出したら、
    2017モデルのキーボードに変わってたわ。それから問題は今のところ起きてない。

  9. 匿名 より:

    今後もバタフライキーボードは続けていくんだろうね…
    前キーボードも選べるようにしてくれればいいのに

  10. 匿名 より:

    MacBook Pro数台買ってますけど液晶、キーボード、発熱などかなり個体差がありますね

  11. 匿名 より:

    レノボみたいはタッチパネル式平面キーボードにしちゃえよ

  12. 匿名 より:

    うちのMacBook12も打鍵感が怪しくなってきた…バタフライは癖ありすぎ

  13. 匿名 より:

    歴代のキーボードに比べて史上最悪だと思う

  14. 匿名 より:

    過去より悪い物しか出せなくなってきてる。(あっても、多少の改善のみね)
    ハードもソフトも…