Apple、Radeon RX Vega 56を搭載したThunderbolt 3対応eGPU「Blackmagic eGPU Pro」の販売を開始。

スポンサーリンク

 AppleがRadeon RX Vega 56を搭載したThunderbolt 3対応eGPU「Blackmagic eGPU Pro」の発売を開始しています。詳細は以下から。


 Appleは現地時間2018年12月20日、オーストラリアの映像機器メーカーBlackmagic Designが今年07月に発売したeGPU「Blackmagic eGPUの上位モデルとなるThunderbolt 3接続の「Blackmagic eGPU Pro」の発売をApple Online Storeで開始しています。

Blackmagic eGPU Pro

Thunderbolt 3を搭載したすべてのMacが、ワークステーションクラスのグラフィックス性能を発揮できるようになります。Blackmagic Designのラインナップに、8GB HBM2メモリを持つRadeon RX Vega 56グラフィックプロセッサを採用した新しいBlackmagic eGPU Proが加わりました。これまではiMac Proだけでしかできなかった、グラフィックスへの負荷が圧倒的に高い作業ができるようになります。

Blackmagic eGPU Pro – Apple(日本)

スポンサーリンク

Blackmagic eGPU Pro

 Blackmagic eGPU Proは一時発売が延期されていましたが、Blackmagicがデザインした筐体に内蔵されているRadeon RX Vega 56は56基のCompute Unitsと3,584個のSP、8GBのHBM2メモリを搭載し、Thunderbolt 3接続が可能なMac miniやMacBook Pro/Air (2018)でもiMac ProのPro Vega 56や64と同等のGPU性能を利用することが可能となっており、

Blackmagic eGPU Proのベンチマーク

DaVinci Resolve 15を用いたMacBook Pro (2018) 15インチと13インチ+eGPU Proのベンチマーク

I/Oポートは2つのThunderbolt 3ポート(入出力)と4K DCI@60Hz対応のHDMI 2.0ポートを1つ、5K@60Hz対応のDisplayPort 1.4ポートを1つ、USB 3.1 Gen1 Type-Aポートを4つ搭載し最大85WまでのUSB-PDに対応しているので、MacBook Air/Proをデスクトップで使うさいにUSBキーボード&マウスと最大3台のディスプレイを同時に接続できるDockとしても利用可能。

Blackmagic eGPU ProのIOポート

クリックで拡大

 Blackmagic eGPUとeGPU Proの違いは以下の通りで、Blackmagic eGPU /ProともにThunderbolt 3ケーブル(0.5m)と電源ケーブル(1.8m)が同梱され、Apple Storeでの価格はそれぞれ税別89,800円と税別149,000円となっています。

Blackmagic eGPU Blackmagic eGPU Pro
GPU AMD Radeon Pro 580 AMD Radeon RX Vega 56
GPU
Memory
8GB GDDR5 8GB HBM2
Thunderbolt 3 2ポート
USB 3.1 Gen1 4ポート
HDMI 2.0 1ポート
DisplayPort 1.4 1ポート(5K対応)
電力供給 85W
サイズ 高さ29.44 x 幅(左右)17.68 cm
重さ 4.5kg 4.49kg
価格 699ドル
税別89,800円
1,199ドル
税別149,000円
Blackmagic eGPU Proの発送は早くても2019年01月24日以降となっています。

コメント

  1. 匿名 より:

    NDIVIA製品も宜しくね、Appleさん。

  2. 匿名 より:

    ベンチマーク何を比較しているのか解らない。
    「なし」の機種は?Proのつかない「eGPU」?「%」付くのか付かないのか?

    • 匿名 より:

      ありの場合の機種それぞれのeGPUなしでしょ。
      例えば一番上なら、MBP15″だけでノイズ除去したのを100とした場合、eGPUだと3.13倍早かった。

  3. 匿名 より:

    これって使う場合ディスプレイもこいつに付けないといけないの?