Apple、特定のUSBディスプレイやグラフィックスデバイスがMacBook Pro (2018)で利用できなかった不具合をmacOS 10.14.2 Mojaveで修正。

スポンサーリンク

 AppleがmacOS 10.14.2 Mojaveで特定のUSB拡張ディスプレイなどがMacBook Pro (2018)で利用できなかった不具合を修正したと発表しています。詳細は以下から。


 Appleは現地時間2018年12月05日、macOS Mojave 2度目のアップデートとなる「macOS 10.14.2 Mojave」の提供を開始しましたが、同アップデートでは、Appleが2018年07月に発売を開始したMacBook Pro (2018)で一部のグラフィックスデバイスが利用できなくなってる不具合を修正したと発表しています。

macOS 10.14.2 エンタープライズ

Resolves an issue that prevents displays from working when connected to MacBook Pro models introduced in 2018, if certain third-party USB graphics devices are also connected.

What’s new in the updates for macOS Mojave – Apple Support

スポンサーリンク

グラフィックスの問題

 Appleがエンタープライズ向けに公開したリリースノートによると、この不具合はMacBook Pro (2018)で特定のUSBグラフィックス・デバイスが利用できないというもので、この不具合はAppleが03月29日にリリースしたmacOS 10.13.4 High Sierraから始まり、DisplayLinkやDuet DisplayなどUSB接続でMacに外部ディスプレイを提供する商品やアプリがmacOS 10.13.4アップデート以降使えなくなり、

MojaveをサポートしたMacについてはmacOS 10.14 Mojaveで修正されましたが(High Sierraでは修正されないそうです)、MacBook Pro (2018)についてはこの不具合が修正されないまま、各メーカーはAirPlay等を利用した解決策をユーザー向けに公開していました。

  • macOS 10.13 High Sierra (未修正)
    • Users on High Sierra 10.13.4-10.13.6 should install v4.3 as the workaround to enable one extended USB display now supports additional resolutions through an additional menu.
  • macOS 10.14 Mojave (修正)
    • macOS 10.14 Mojave with DisplayLink driver v5.0 allows you to run up to 3 extended displays. It adds optional clamshell and mirror modes. Support for rotated displays is also improved.DisplayLink driver v5.0 is applicable to macOS 10.14 only.
  • MacBook Pro (2018) on macOS 10.14 Mojave (macOS 10.14.2で修正)
    • Some MacBook 2018 models on 10.14 may experience black extended display(s) with only mouse cursor. DisplayLink driver v4.3 Beta 6 stays available to force an AirPlay extended display on these machines until a fix is distributed.

 macOS 10.14.2アップデートでMacBook Pro (2018)でもUSBグラフィックス・デバイスの全機能が利用できるようになったことで、今後DisplayLinkのグラフィックス・ドライバのアップデートや各アプリのアップデートが提供されると思われるので、MacBook Pro (2018)で問題に遭われている方はmacOS 10.14.2へアップデートすることをおすすめします。