PanicのMac用FTP/SFTPクライアント「Transmit」がMacAppStoreで販売再開。2,800円/年のサブスクリプション制でシステム要件はmacOS Mojave以上。

シェアする

スポンサーリンク

 Mac用FTP/SFTPクライアント「Transmit」がMac App Storeに復活しています。詳細は以下から。

Transmit v5のアイコン。

 米オレゴン州のソフトウェア会社Panic, Inc.は現地時間2018年11月15日、06月のWWDC 2018の基調講演で発表されていたとおり、AppleのSandboxにより十分な機能を提供できないとして販売を終了していたFTP/SFTPクライアント「Transmit for Mac」のMac App Storeでの販売を再開したと発表しています。

Panic FTP Transmit アプリ

Since then, a lot has changed. macOS Mojave gave us a significantly improved App Store that caters to professionals like yourself and seems to treat apps with respect. And sandboxing has evolved enough that Transmit can be nearly feature-parity with its non-sandboxed cousin.So, as we promised at WWDC: it was time to give this another go.
You can now get Transmit 5 on the Mac App Store!

Transmit 5 on the Mac App Store – Panic Blog

スポンサーリンク

価格とStore比較

 PanicのCabelさんはMac App StoreでのTransmitの販売再開をAppleがmacOS 10.14 MojaveでSandboxを緩和したためだと説明しており、Mac App Store版Transmit 5はmacOS 10.14以上でのみ利用可能で、公式サイト版と比較して以下のような違いがあります。

Transmit 5のサブスクリプション

Mac App Store版

  • 価格はサブスクリプション制で24.99ドル/年(2,800円/年)。
  • Mac App Storeのセキュリティとワンクリックでのインストール、アップデートなどを簡単に行うことが可能。
  • Transmit v6.0などのメジャーアップデートがリリースされれば追加料金無しでアップデート可能。
  • Transmit DiskやOpen-In Terminalといった機能が利用できません。
  • マイナーなSandboxの制限がります。
  • サブスクリプションが切れると機能しなくなります。

公式サイト版

  • 価格は買い切りで45ドル(5,400円)。
  • 購入したユーザーであれば複数のMacで利用可能。
  • Sandboxの制限なし。
  • Transmit DiskやOpen-In Terminalをサポート。
  • macOS 10.14 Mojaveはもちろん、OS X 10.11 El Capitan以上のmacOS/OS Xをサポート。
  • アプリはpanic.comからダウンロードし、アップデーはBuild-in Updater経由。
  • Transmit v5.0などのメジャーアップデートは別途料金が必要です。

 サブスクリプション制となったMac App Store版のTransmit 5はサブスクリプションを開始する前に7日間のトライアル期間が設けられており、iCloudでの同期はサポートしていないものの、自社クラウドサービスPanic Syncが利用可能となっています。

 また、Panicは2014年にMac App Storeから撤退したWebエディタCodaについては、Sandboxの制限がまだクリアできていないとコメントしています。