MacBook Pro (2018)のCPUパフォーマンスをできるだけ落とさず、バッテリー駆動時間を伸ばす方法は?

スポンサーリンク

 MacBook Pro (2018)はTurbo Boostや電圧設定を変更することで、パフォーマンスとバッテリー駆動時間がどう変化し、最も効果のある設定は何か?という話題をMarco Armentさんが投稿しています。詳細は以下から。


 Appleが2018年07月11日に発売を開始したMacBook Pro (2018)はファームウェアに不具合があり、予期せぬサーマルスロットリングが発生したため、CPUのTurbo Boostや電圧設定を変更できるVoltaTurbo Boost Switcherなどのユーティリティアプリが話題になりましたが、

InstapaperやOvercastの開発者でTumblrの共同設立者であるMarco Armentさんが、サーマルスロットリング問題が収まってからも、パフォーマンスを極力落とさずMacBook Proのバッテリー駆動時間を最も長く出来る設定を探していたそうです。

The best bang-for-the-buck option is still to just disable Turbo Boost. Single-threaded performance hurts more than with wattage-limiting, but it’s able to maintain better multi-threaded performance and more consistent thermals, and gets a larger battery gain relative to its performance loss.

Low Power Mode on the Mac – Marco.org

 CPUの消費電力とバッテリー駆動時間はトレードオフなため、Marcoさんが購入したMacBook Pro (2018) 13インチモデルのIntel Core i7-8559Uを搭載した上位モデルでも消費電力を6Wまで制限すればパフォーマンスはMacBook 12インチと同等になりますがその分バッテリー駆動時間も倍以上になるといった結果などを踏まえた上で、

Battery life Geekbench
single/multi
xcodebuild
Normal 3:09 5412/18983 34.3s
No Turbo 5:05
+103%
3624/13324
−33/30%
48.9s
+43%
6W 6:24
+103%
4065/7596
−25/60%
76.1s
+121%

For now, I’m going to continue to happily run Turbo Boost Switcher Pro to selectively give myself better battery life, and I recommend it for anyone else with the same need.

Low Power Mode on the Mac – Marco.org

Marcoさんは最も効果のあるMacBook ProのCPU設定はTurbo BoostをOFFにすることで、Turbo BoostをOFFにするとGeekbenchのSing-Coreは大きく落ちるものの、Multi-Coreスコアはあまり落ちず、バッテリー駆動時間を60%以上向上させることが出来たそうで、

出張や出先など電源のない場所でMacBook Proを利用される方にはTurbo Boost Switcher (Pro)を勧めているので、興味のある方はMarcoさんのブログをチェックしてみてください。