Apple、MacBook Pro (2018)のファームウェア設定にミスがあり、高負荷時にクロック数が低下する不具合があったとして、この不具合を修正したアップデートを提供すると発表。

スポンサーリンク

 AppleがMacBook Pro (2018)のファームウェア設定にミスがあり、高負荷時にクロック数が低下する不具合があったとして、この不具合を修正したソフトウェア・アップデートを提供すると発表しています。詳細は以下から。

MacBook Pro 2018のアイコン

 Appleは現地時間2018年07月24日、11日に発売を開始したMacBook Pro (2018)シリーズで広範囲に渡る多数のパフォーマンステストを行ったところ、熱管理システムに影響するファームウェアで特定のデジタルキー(Digital Key)が設定されておらず、高負荷時にMacBook Proのクロックスピードが落ちる事が確認できたと、複数のメディアに通知したそうです。

Following extensive performance testing under numerous workloads, we’ve identified that there is a missing digital key in the firmware that impacts the thermal management system and could drive clock speeds down under heavy thermal loads on the new MacBook Pro. A bug fix is included in today’s macOS High Sierra 10.13.6 Supplemental Update and is recommended. We apologize to any customer who has experienced less than optimal performance on their new systems. Customers can expect the new 15-inch MacBook Pro to be up to 70% faster, and the 13-inch MacBook Pro with Touch Bar to be up to 2X faster, as shown in the performance results on our website.

Mark Gurman – Twitter

 デジタルキーについては特に説明されていませんが、昨日Redditに投稿されたrandompersonxさんの情報によると、AppleはMacBook Pro (2018)のVRMを管理するMSR内の値が不適切で、これを修正すると安定したパフォーマンスが得られたそうなので、デジタルキーもこのあたりの設定値だと思われますが、

Appleはこの問題で最適なパフォーマンスを得られなかったユーザーに謝罪するとともに、本日リリースする「macOS High Sierra 10.13.6 Supplemental Update」でこの問題を修正し、今後はWebサイトに記載されている通り1世代前のMacBook Proと比較して15インチモデルで最大70%、13インチモデルで最大2倍のパフォーマンスが期待できるとコメントしているので、MacBook Pro (2018)を購入された方はアップデートを適用してみてください。

第8世代のIntel Coreプロセッサを搭載したMacBook Proは、演算性能が新たな高みに到達しています。15インチモデルは一世代前のものより最大70パーセント速い6コアIntel Core i9プロセッサを搭載し、Turbo Boostで最大4.8GHzにスピードアップします。13インチのTouch Bar搭載モデルに組み込まれたクアッドコアプロセッサは、一世代前のものより最大2倍高速になりました。だから、コードのコンパイル、3Dモデルのレンダリング、スペシャルエフェクトの追加、複数のトラックのレイヤー化、ビデオのエンコーディングなど、プロレベルの処理が要求される作業のすべてを一段と速くこなせます。

MacBook Pro – Apple(日本)

スポンサーリンク

追記

 AppleはTouch Barを搭載したMacBook Pro (2018) 13および15インチモデルに対しmacOS High Sierra 10.13.6追加アップデートの提供を開始し、このアップデートを適用したユーザーによると、CPU&GPUを利用した際に発生していたスパイクが減り、動作は現在のところ安定しているそうです。