MacBook Pro (2018)の追加アップデート後はCPU&GPUを利用するアプリやゲームでも激しいスパイクはなくなり安定した動作に。

スポンサーリンク

 MacBook Pro (2018)の追加アップデート後はCPU&GPUを利用するアプリやゲームでも激しいスパイクはなくなり、安定した動作が確認できているようです。詳細は以下から。


 Appleは現地時間2018年07月24日、07月11日より発売を開始したTouch Bar搭載のMacBook Pro (2018)シリーズで、広範囲に渡る多数のパフォーマンステストを行ったところ、熱管理システムに影響するファームウェアで特定のデジタルキーが設定されておらず、高負荷時にMacBook Proのクロックスピードが落ちる事が確認できたとして、同モデルに対しmacOS High Sierra 10.13.6追加アップデートの提供を開始しましたが、

このアップデートを適用したMacBook Pro (2018)ユーザーによると、アップデート後はIntel Core i9を搭載したMacBook Pro (2018) 15モデルだけではなく、Core i5の13インチモデルでも高負荷時にクロック数が激しく動作(スパイク)する現象がなくなったそうで、

Here’s my before and after on a 13” i5. It used to sustain 2.5 GHz after the turbo boost portion was over, I’m now able to maintain 3.2 GHz, and the temperature is down to around 92° or so https://i.imgur.com/p7wcKH9.jpg

Apple pushing out performance fix for MacBook Pro 2018 : apple – Reddit

Core i9モデルを購入したVtudioスタジオのレポートによると、GeekbenchやCinebench(1run)では大きな違いはなかったものの、アップデート前は13FPSしか出なかったゲームが、アップデート後は35FPSまで上昇したそうで、FFMPEGのCPUエンコーディングも187秒が155秒まで短縮されたとコメントしています。

Windows(BootCamp)ではまだスロットリングが起きているようなので、これに関しては別にアップデートがあるかもしれません。

 また、Geekbenchを開発しているPrimate LabsのJohn Pooleさんは以前と同様にGeekbench 4アプリを10回Buildするといストレステストを行ったところ、Core i9モデルではほぼ変化は見られなかったものの、クロック数は安定したとコメントしているので、やはりスロットリングの現象はCPUとGPUを同時に利用するケースで顕著に起きていたようです。

コメント

  1. 匿名 より:

    グラフの横軸は時間だと思いますが、表記が見あたりません。
    同じグラフの比較画像に見せかけていますが、パッチ後は横軸(時間軸)を長くとり変化が少なく見せかけているように見えるのですが