テーマやLaTeX Math、GFM、タブ、すべてのタブ表示などをサポートしたmacOS用Markdownエディタ「Twig」がリリース。

シェアする

スポンサーリンク

 テーマやLaTeX Math、GFM、タブ、すべてのタブを表示などをサポートしたmacOS用Markdownエディタ「Twig」がリリースされています。詳細は以下から。

A modern macOS markdown editor

 Twigはオーストラリアのニューサウスウェールズ大学の学生で写真家のLuka Kerrさんが開発しているMarkdownエディタで、LukaさんはMarkdownを利用する機会が増えたことから、最適なエディタを探していたようですが、自分に最適なエディタが見つからなかったためTwigの開発を始めたようで、

A modern macOS markdown editor

Twig is lightweight macOS markdown editor. It’s currently a work in progress.
It is a document based application, and aims to follow Apple’s Human Interface Guidelines

lukakerr/twig: A modern macOS markdown editor – GitHub

TwigはAppleのDocument Based AppsおよびHuman Interface Guidelinesを遵守したアプリを目指しており、テーマ選択やMath(LaTeX subset)、GFM(GitHub Flavored Markdown)、PDFやHTMLへのエクスポート、Split View、Full Screen View, タブ, ファルダ管理など様々な機能をサポートし、

Electron製ではなくモダンなmacOSのネイティブアプリのためSafariと同じ「すべてのタブを表示」機能も利用可能で、システム要件はmacOS 10.12 Sierra以上となっています。Twigは現在もまだ開発段階にあるそうですがソースコード(GNU GPLv3)とバイナリ(v0.0.1)はGitHubリポジトリに公開されているので、興味のある方はチェックしてみてください。