Apple、次期Safari 12に採用される機能を搭載した「Safari Technology Preview v58」をリリース。macOS Mojaveがサポートされ、Sierraは非サポートに。

スポンサーリンク

 Appleが次期Safari 12に採用される機能を搭載した「Safari Technology Preview v58」をリリースしています。詳細は以下から。

Safari Technology Preview Icons

 AppleおよびWebKitチームは現地時間2018年06月06日、次期macOS 10.14 Mojaveに同梱され、SierraやHigh Sierraへはアップデートとして提供されるSafari 12に採用される機能を搭載したプレビュー版Safari「Safari Technology Preview(以下STP) v58」をリリースしたと発表しています。

Jun 6, 2018 by Ricky Mondello @rmondello
Safari Technology Preview Release 58 is now available for download for macOS High Sierra. With this release, Safari Technology Preview is now available for betas of macOS Mojave. If you already have Safari Technology Preview installed on macOS High Sierra, you can update from the Mac App Store’s Updates tab.

Safari Technology Preview 58, with Safari 12 Features, is Now Available – WebKit

 SafariはOS X 10.11 El Capitanに同梱されたSafari 10から常用するサイトを常に開いておけるピン機能を採用し、このタブだけにfaviconの表示を許可してきましたが、Safari 12(STP v58)では全てのタブにfaviconが表示できるようになっており、

Safari v12のファビコン in tabs

STPメニューの[Preferences] → [Tabs] → [✅ Show website icons in tabs]のチェックボックスをONにすることで全てのタブにfaviconが表示されるので、アップデートされた方は試してみてください。

STP v58ではmacOS 10.14 Mojave(beta)がサポートされ、macOS 10.12 Sierraが非サポートとなっています。