macOS 10.14 Mojaveではスクリーンショット機能がアップデートされ、iOS 11の様な編集機能やスクリーンキャプチャが可能に。

シェアする

スポンサーリンク

 macOS 10.14 Mojaveではスクリーンショット機能がアップデートされ、iOS 11の様な編集機能やスクリーンキャプチャが可能になるそうです。詳細は以下から。

iOS 11のマークアップアイコン

 Appleは現地時間2018年06月04日から開催ているWWDC 2018の基調講演の中で、次期macOSとなるmacOS 10.14 Mojaveを発表しいくつかのデモを行いましたが、それによると、Mojaveではスクリーンショット機能がアップデートされ、iOS 11の様な編集機能(マークアップ)とスクリーンキャプチャ(動画の撮影)が可能になるそうです。

macOS 10.14 Mojaveのスクリーンショット

スポンサーリンク

編集機能

 AppleはiOS 11でiPhoneやiPadで撮影したスクリーンショットを一時的に画面隅に表示し、ユーザーが編集/共有できる編集(マークアップ)機能を採用しましたが、

iOS 11のスクリーンショット機能

macOS 10.14 Mojaveではこれに似た機能がMacでも利用できるようになっており、撮影したスクリーンショットが右下にホバーされ、クリックすることで編集機能が表示されるようになっています。

macOS 10.14 Mojaveのスクリーンショット機能

関連記事

スクリーンキャプチャ

 また、Mojaveのスクリーンショット機能(アプリ)が動画の撮影、いわゆるスクリーンキャプチャにも対応しており、これまでQuickTimeなどのスクリーンキャプチャアプリを起動し、撮影&編集していたことがスクリーンショットの機能の1つとして提供されることになります。

Mojaveのスクリーンショット機能は画面下にスクリーンショット/キャプチャの選択ボックスが表示されます