Apple、ダークモードやHomeアプリを搭載しFinderやMac App Storeをアップデートした「macOS 10.14 Mojave」を発表。

シェアする

スポンサーリンク

 Appleが「macOS 10.14」となるコードネーム「Mojave (モハベ)」を発表しています。詳細は以下から。

macOS 10.13 High Sierraのアイコン。

 Appleは現地時間2018年06月04日から米カリフォルニア州サンノゼのマッケナリー・コンベンションセンターで開催しているWWDC 2018の基調講演にて、次期Mac用OSとなるmacOS 10.14 Mojave(モハベ/モハーヴェ)」を発表しました。

macOS 10.14 Mojave

 macOS 10.14のコードネーム「Mojave」はカリフォルニア州のモハーヴェ砂漠に由来し、デフォルトの壁紙には夜のモハーヴェ砂漠が採用され、システムレベルでのダークモードがサポートされるそうです。

macOS 10.14 Mojaveのダークモード

 また、開発者からの要望が多かったMac App Storeのアップデートも行われ、iOS 11のApp Storeから採用されたAppleのスタッフによる「ストーリー」やアプリの動画プレビューも開発者が提出すれば可能になるそうです。

macOS 10.14 MojaveのMac App Store

スポンサーリンク

MicrosoftやAdobeがMac App Storeへ

 以上の通り、Appleは次期macOS 10.14 MojaveでMac App Storeを刷新すると発表しましたが、これに合わせてMicrosoftやAdobeがMac App StoreでOffice 365やLightroom CCを来年にも発売すると発表し、過去にMac App Storeを去ったPanicのCodaやBare Bones SoftwareのBBEditが新しいMac App Storeに戻って来るそうです。

MicrosoftがMac App Storeに

コメント

  1. 匿名 より:

    jaと書いてハーと読むのは酷い。

  2. 匿名 より:

    戻ってくるとは言いつつも、サンドボックス化しなくてよくなるわけじゃないだろうし、開発者サイトDL版とAppStore版で違いが出てくるんじゃないの?

  3. 匿名 より:

    もじゃべもじゃべ