MacAppStoreのアプリや野良アプリのアップデートを一括でチェックしてくれるMac用アプリ「MacUpdater」がリリース。

シェアする

スポンサーリンク

 MacAppStoreのアプリや野良アプリのアップデートを一括でチェックしてくれるMac用アプリ「MacUpdater」がリリースされています。詳細は以下から。

MacUpdaterのアイコン

 MacUpdaterはMacに搭載されているSSDのS.M.A.R.T情報アプリSMART Reporterなどを開発しているCoreCode Limitedが新たに発売したアプリで、Mac App Storeで公開されているアプリや、それ以外の公式WebサイトやGitHubなどで公開されているアプリ(いわゆる野良アプリ)のバージョン情報をチェックし、アップデート情報を一覧にして表示してくれる機能があります。

MacUpdater can automatically track the latest updates of all applications installed on your Mac. Launch MacUpdater to see at a glance which of your apps are out-of-date. And with a simple click you can update any outdated app. Don’t waste any more time manually searching for updates, downloading, installing and cleaning up. Let MacUpdater take care of it all for you!

MacUpdater – keep all your apps up-to-date effortlessly

 アプリのバージョン情報はMac App Storeや、Appversionと同じくソフトウェアアップデート用フレームワークSparkleの情報の他、独自に作成したアプリのデータベースを利用しているそうで、リリース時のTier-1では600アプリ、最終的なTier-3では4,200アプリをサポート予定となっており、Sparkle対応アプリのアップデートを実行してくれる機能もあります。

 MacUpdaterのシステム要件はOS X 10.11 El Capitan以上で、AdobeやMicrosoftなど独自のアップデートプロセスを取っているアプリのアップデートは出来ませんが、その他のアプリのアップデートをワンクリックで行えるFull Versionの価格は9.99ドルで、アップデートスキャン機能と5アプリのアップデートを行えるトライアル版も公開されているので、興味のある方は公式サイトをチェックしてみて下さい。