iPadをMacのサブディスプレイ化できる「Duet Display」がmacOS 10.13.4での不具合に対応するため、AirPlayでのミラーリングモードに対応。

シェアする

スポンサーリンク

 iPadをMacのサブディスプレイ化できる「Duet Display」がmacOS 10.13.4での不具合に対応するため、AirPlayでのミラーリングモードに対応しています。詳細は以下から。

Duet Display for Macのアイコン

 Duet Dispalyは元AppleのソフトウェアエンジニアRahul Dewanさんらが開発&販売しているiPadをMac/Windows PCのサブディスプレイとして利用できるアプリで、このアプリはAppleが現地時間2018年03月29日に公開した「macOS 10.13.4 High Sierra」で利用できなくなる不具合が発生していますが、本日公開された「Duet Display for macOS v1.7.1.2」ではこの問題に対する一時的な解決策として新たにAirPlayでのミラーリング機能が追加されています。

Version 1.7.1.2 – April 2018
We are excited to bring you our latest features that include –

  1. Basic Support for 10.13.4
  2. Various bug fixes

リリースノートより

 Duet Display for macOS v1.7.1.2に追加されたAirPlayでのミラーリング機能はあくまでミラーリングのため、Duet DisplayをMacBookなどのセカンド・ディスプレイとして利用することは出来ませんが、Mac miniやProをヘッドレス化しApple TVではなく、

macOS 10.13.4をサポートしたDuet Display

Duet Displayが起動しているiPadに画面をミラーリングする事が出来るようになっているので、ユーザーの方はシステム環境設定アプリの[ディスプレイ] → [AirPlayディスプレイ]かメニューバーアイコンからミラーリングを試してみて下さい。

DisplayLinkやDuet DisplayなどがmacOS 10.13.4 High Sierraで利用できない不具合は、現地時間2018年04月24日にリリースされたセキュリティアップデート 2018-001でも修正されていません。

コメント

  1. 匿名 より:

    リモートデスクトップ(VNC)でいいんじゃないかと思った。

  2. 匿名 より:

    アップル辞めてもアップル依存している会社のアプリか。

    話の種にアプリ購入したけど使ったのは結局10回にも満たなかったし、

    話のネタにしかならない。

  3. 匿名 より:

    はじめから蔑む言い方しかできないような人の
    コメントはおいといて。

    MacBook (12インチ)でアップデートして使ってみました。
    セカンドディスプレイとして使うのは不可能ではないのですが、
    なんかの拍子にミラーリングに戻ってしまいます。

    不具合が治っていないと言えばそうなのですが、
    近々不具合は解消されるんだろう、という期待はもてると思います。