第三者がMacBookにアクセスするとiPhoneに通知し、カメラで写真を撮影&Macを強制終了できるMac/iOSアプリ「Do Not Disturb」がリリース。

シェアする

スポンサーリンク

 第三者がMacBookにアクセスするとiPhoneに通知し、カメラで写真を撮影&Macを強制終了できるMac/iOSアプリ「Do Not Disturb」がリリースされています。詳細は以下から。


 Do Not Disturb(以下、DND)は元NSAで現在はObjective-Seeを運営しているPatrick Wardleさんらのセキュリティ企業Digita Securityが新たに公開したMacBook用セキュリティアプリで、MacBookに第三者が物理的なアクセスをするとiPhoneやiPadに通知し、FaceTime HDなどのBuild-inカメラで写真を撮影しユーザーのデバイスに送信、Macを強制終了することができる機能があります。

The Do Not Disturb macOS app (DND macOS) continually monitors your laptop for lid open events, as a precursor to these “Evil Maid” attacks. If you’ve triggered sleep mode by closing your laptop lid, the majority of physical access attacks likely require the lid to be opened in order for the attack to succeed.

Do Not Disturb – Digita Security

スポンサーリンク

使い方

 DNDの使い方はDND for iOSアプリをiTunesからMacアプリをDigita Securityの公式サイトからダウンロード&インストール。iOSアプリ起動後にペアリングするMacを設定するため[Add]メニューを選択し、

iPhone/iPadのカメラで同一Wi-Fi内にあるDND for MacをインストールしたMacに表示されるQRコードを撮影することでペアリングが完了します。

DNDのトリガー

 DNDはMacBookのLid(蓋)の開け閉めをトリガーとしてiPhoneやiPadに通知をするようになっており、セットアップが終了すると以下の様にMacBookを閉めて開けるとiPhoneに通知が表示され、ユーザーはそのアクションが悪意のある第三者によるものかを確認するためにリモートで写真を撮影し、第三者であればMacBookを強制的に終了(要FileVault設定)することが出来ます。

 同様の機能を持ったアプリにUnloxやMacIDやキングジムのトレネがありますが、DNDはBuild-inカメラの撮影や強制終了に対応し、第三者に気づかれないための”No Icon”ModeやTouch IDを利用した”Touch ID”Modeも利用可能で、

価格は無制限での通知やアクションが1ヶ月120円(又は1年1,050円)のサブスクリプション制で、7日間の無料トライアルも利用できる他、今後のアップデートで複数の機能を追加する予定があるそうなので、興味のある方は利用してみてください。

追記

 Objective-Seeはこのアプリのソースコードをオープンソースで公開すると発表しています。