macOS 10.13.2 High SierraではeGPUとの互換性が向上し、プラグアンドプレイでの不具合も修正されているもよう。

スポンサーリンク

 macOS 10.13.2 High SierraではeGPUとの互換性が向上し、プラグアンドプレイでの不具合も修正されているようです。詳細は以下から。

Apple eGPUのアイコン。

 Appleは2018年リリースのmacOS 10.13.x High SierraでVR開発などを支援するために、iMacやMacBook ProなどにThunderbolt 3経由でAMD Radeon RX GPUなどを接続できるeGPUをサポートすると発表していますが、RedditeGPU.ioのユーザーレポートによると、Appleは12月06日にリリースしたmacOS 10.13.2でeGPUとMacとの互換性を向上させ、プラグアンドプレイ(PnP)で発生していた不具合などが修正されたそうです。

External Graphics Development Kit Release Notes v1.0

Gelert
AMD extension versions in 10.13.1 are v1.58.32.
AMD extension versions in 10.13.2 are v1.60.24.
[…]I’ve got news! I connected the eGPU RX 580 to the MBP 2015 via Thunderbolt 2 to 3 adaptor. It asked me to log out and back in. That worked. You don’t get force logged out when you pull the cable anymore which is new in 10.13.2.

AMD Rx Vega 56 / 64 for Blender and Adobe apps – Pro Applications – eGPU Forum

スポンサーリンク

macOS 10.13.2でPnPが可能になったeGPU

 また、アメリカのサードパーティ製メーカーSonnetはmacOS 10.13.2リリース後に同社のeGPU「eGFX Breakaway」シリーズのサポートドキュメントをアップデートし、macOS 10.13.2では以下のBreakaway BoxおよびeGPUがPnPに対応していると発表しています。

SonnetのeGPU「eGFX Breakaway」がサポートしたGPUとPnP

eGPU Box 対応GPU 備考
Breakaway Box 350
  • Radeon RX 470
  • Radeon RX 480
  • Radeon RX 570
  • Radeon RX 580
Breakaway Box 350
Developer Edition
  • Sapphire Radeon PULSE RX 580
Appleの開発Kit
Breakaway Box 550
  • Radeon RX 470
  • Radeon RX 480
  • Radeon RX 570
  • Radeon RX 580
  • Radeon Vega 56
Breakaway Box 350
Breakaway Box 550
  • Radeon Vega 64
  • AMD WX9100
650WのERV650SWT
SFX電源が必要。[*1]
Breakaway Box 350
  • Radeon Vega 64 Liquid Cooled
650WのERV650SWT
SFX電源が必要。[*2]

電源について

*1 : Sonnetは電源込みでeGPU BoxのThunderbolt認証を取得しているので、ERV650SWT以外のSFX電源への交換は推奨しません。

*2 : Radeon Vega 64 Liquid Cooledを利用するにはBreakaway Box 350に650WのSFX電源を換装する必要があるそうです。その理由はBreakaway Box 550およびBreakaway Box 350 Developer EditionはそれぞれUSB-PDで87W、60Wの出力を出すようボードにプログラムしてあるためで、SonnetはRadeon Vega 64 Liquid Cooledをどうしても利用したい方はUSB-PDが15Wに制限されたBreakaway Box 350と650W SFX電源を利用して欲しいとコメントしています。