Macでも利用できるかもしれないPowerColorのThunderbolt 3接続eGPUエンクロージャー「Devil Box」が1月下旬より販売開始。

シェアする

スポンサーリンク

 Macでも利用できるかもしれないPowerColorのThunderbolt 3接続eGPUエンクロージャー「Devil Box」が1月下旬より販売を開始するそうです。詳細は以下から。


 CFD販売株式会社が台湾PowerColorのThunderbolt 3接続のeGPUエンクロージャー「Devil Box」を1月下旬より販売すると発表しています。Devil BoxはThunderbolt 3, USB 3.1 Type-C, USB 3.0 Type-A x4ポート(1ポートはフロント), SATA Ⅲ, Gigabit Ethernet, 375W電源を搭載したエンクロージャーで、

昨年のComputex 2016などで展示されており、AMD Radeon RX 400シリーズやNvida GeForce GTX 10xxシリーズ(どちらもWindows使用時)にも対応し、サイズは400 x 172 x 242mmで価格は55,000前後(税別)となっています。

 対応プラットフォームはWindowsのみとなっていますが、既にeGPUコミュニティが構築した手法[1, 2]を用いてAppleInsiderが動作確認をしているので、興味のある方はチェックしてみてください。

コメント

  1. 匿名 より:

    これが利用できれば…
    例えば複数モニターの人達などもモニター側にメモリのリソース余り使わずに使用できるかもね。
    既存macにも可能性広がるけど、人柱になる人のレビュー見てからの方がいいかな?

  2. 匿名 より:

    こういうものを待ってましたよ。