Apple、Service Workersをデフォルトで有効にし非セキュアなサイトの警告機能を追加した「Safari Technology Preview 46」をリリース。

スポンサーリンク

 AppleおよびWebKitチームがService Workersをデフォルトで有効にした「Safari Technology Preview 46」をリリースしています。詳細は以下から。

Safari Technology Preview Icons

 AppleおよびWebKit開発チームは現地時間2017年12月20日、次期Safariへの採用が予定されている新機能や不具合修正を行ったプレビュー版Safari「Safari Technology Preview(以下STP)」の46度目のアップデートとなる「STP 46」を新たに公開したと発表しています。

Dec 20, 2017 by Jon Davis @jonathandavis
Safari Technology Preview Release 46 is now available for download for macOS Sierra and macOS High Sierra. If you already have Safari Technology Preview installed, you can update from the Mac App Store’s Updates tab. This release covers WebKit revisions 225266-225841.

Release Notes for Safari Technology Preview 46 – WebKit

 AppleはSTP v46でブラウザがWebページとは別にバックグラウンドで実行するスクリプト「Service Workers(ServiceWorker API)」をデフォルトで有効にしたことを発表しており、同APIはセキュリティ的に問題のあったApplication Cacheの廃止が決定した後、FirefoxやChrome, Operaなどがいち早く採用しており、WebKitも今年8月にステータスが「開発中」となっていました。

Service Workers
Offline applications are important to the web. After HTML5 first tried to accommodate them with the Offline Application Cache, the Service Workers specification was created as a successor.

Release Notes for Safari Technology Preview 46 – WebKit

 STP v46ではこの他にもCSSやWeb Inspector、Web Assembly、Web Driver、JavaScriptの不具合が修正され、Google Chromeなどと同様に非セキュアなWebサイトでパスワードやクレジットカードフォームの入力を行うと、Smart Searchフィールド(アドレスバー)に警告が表示されるようになっているそうです。