Apple、Payment Requestをデフォルトで有効にした「Safari Technology Preview 44」をリリース。

スポンサーリンク

 AppleがPayment Requestをデフォルトで有効にした「Safari Technology Preview 44」をリリースしています。詳細は以下から。

Safari Technology Preview Icons

 AppleおよびWebKit開発チームは現地時間2017年11月15日、次期Safariへの採用が予定されている新機能や不具合修正を行ったプレビュー版Safari「Safari Technology Preview(以下STP)」の44度目のアップデートとなる「STP 44」を新たに公開したと発表しています。

Nov 15, 2017 by Jon Davis @jonathandavis
Safari Technology Preview Release 44 is now available for download for macOS Sierra and macOS High Sierra. If you already have Safari Technology Preview installed, you can update from the Mac App Store’s Updates tab. This release covers WebKit revisions 223953-224579.

Release Notes for Safari Technology Preview 44 – WebKit

 STP v44ではv38から試験的にサポートされていたショッピングサイト上で一貫性のある決済フローを実現する”Payment Request API“がデフォルトで有効になっている他、CSS4の円錐状グラデーションの構文解析のサポートやImage Bitmap、Web API、CSS、Rendering、Web Inspector、Web Driver、Mediaなどの不具合修正や互換性の向上しているそうです。

Safari 11.1でPayment Request APIがデフォルトに