Apple、Web AuthでU2Fセキュリティ・キーをサポートした「Safari Technology Preview 74」をリリース。

シェアする

スポンサーリンク

 AppleがWeb AuthでU2Fセキュリティ・キーをサポートした「Safari Technology Preview 74」をリリースしています。詳細は以下から。

Safari Technology Preview Icons

 AppleおよびWebKitチームは現地時間2019年01月23日、macOS 10.14 MojaveやiOS 12の次期アップデートに同梱される「Safari v12.1」で採用予定の機能を搭載したプレビュー版SafariSafari Technology Preview(以下STP) v74」をHigh SierraとMojave向けにリリースしたと発表しています。

Safari Technology Preview 74

Jan 23, 2019 by Jon Davis @jonathandavis
Safari Technology Preview Release 74 is now available for download for macOS Mojave and macOS High Sierra. […]This release covers WebKit revisions 239566-239991.

Release Notes for Safari Technology Preview 74 – WebKit

 Apple WebKitチームのJiewen Tanさんによると、STP v74ではSTP v71でサポートしたUSBベースのCTAP2デバイスによるWeb Authenticationに加えてU2Fセキュリティ・キー(HID)が実験的にサポートされ、GoogleやGitHub, Twitterなどの2段階認証に利用できるよいうになっているそうなので、対応したセキュリティ・キーをお持ちの方は試してみてください。

Web Authentication

  • Changed the nonce in the CTAP kInit command to weak random values (r239852)
  • Imported U2F command and response converters from Chromium (r239665)
  • Added support for U2F HID Authenticators on macOS (r239752)

Release Notes for Safari Technology Preview 74 – WebKit