iPadをセカンドディスプレイ化できる「Luna Display」はフロントカメラをボタンとして利用する「カメラボタン」を採用。

スポンサーリンク

 iPadをセカンドディスプレイ化できる「Luna Display」は、iPadのフロントカメラをボタンとして利用する「カメラボタン」を採用するそうです。詳細は以下から。

Luna Displayのアイコン

 iPadにMacの画面を映し出し液晶タブレット化できるiOS用アプリ「Astropad」シリーズを開発しているAstro HQは現在、クライドファンディングサイトでiPadをMacのセカンドディスプレイとして利用できるアダプタ「Luna Display」の開発資金を募っていますが、このLuna DisplayではiPadのフロントカメラをH/Wボタンとして利用することが出来る「カメラボタン」機能が採用されるそうです。

Luna Displayのカメラボタン

Introducing the Camera Button! Tap the iPad’s front-facing camera to bring up display settings and workspace shortcuts. Learn more about this innovative feature coming to Astropad Studio and Luna Display later this year.

メーリングリストより

スポンサーリンク

Astropadリングとカメラボタン

 同時に公開された公式ブログによると、Appleのデバイスはシンプルさを追求しユーザーが必要な最低限のモノを提供していますが、その結果iPad(iOS)アプリで設定を表示させるボタンを利用したい場合ホームボタンが利用できないため、Astropadではリングボタン(Astropadリング)を採用する事でこの問題を解決していましたが、

Astropadのソフトウェアリング

AstropadリングはiPad上に表示されたMacのUIの競合を起こす可能性があるため、新たに開発&発売される「Luna Display」ではAstropadのリングボタンに代わる機能として、iPadのフロントカメラを指で覆うことで設定画面を表示させる「カメラボタン」機能を採用するそうです。

 カメラボタンの採用によりiPadのバッテリー寿命が短くなる事が懸念されますが、Astropad HQ Teamは既にカメラボタンをCPU使用率1%以下で動作させることに成功しており、カメラに映る情報もプライバシーの観点から画像をぼかし、光量の情報だけを使用しているそうで、カメラボタンが利用しにくいユーザーの事も考え、ボリュームボタンにも同じ機能を持たせるように開発を行っているそうです。

Luna Displayで採用されるカメラボタン

 カメラボタンを利用して表示される設定画面からは、iPadの画面の輝度や位置を設定できるそうで、Luna Displayへの出資は10月20日01時59分まで受け付けているそうなので、興味のある方は出資してみてください。

カメラボタンは今後Astropad Studioにも採用される様です。