iOS 11のiPhone 7および第2世代iPad ProでカメラのデフォルトフォーマットとなったHEIF/HEVCをJPEG/H.264へ戻す方法。

スポンサーリンク

 iOS 11のiPhone 7および第2世代iPad ProでカメラのデフォルトフォーマットとなったHEIF/HEVCをJPEG/H.264へ戻す方法を説明しています。詳細は以下から。

AppleのHEVCとHEIFのアイコン。

 Appleは現地時間2017年09月19日に公開した「iOS 11」では新しい「コントロールセンター」やiOSデバイスとしては初めてiPadで「Dock」がサポートされましたが、A10系のチップを搭載したiOSデバイスではH.264と比較して最大2倍の圧縮率となる動画フォーマット「HEVC(H.265)」および画像フォーマット「HEIF(発音は”heef”)」がカメラのデフォルトフォーマットとして採用されています。

JPEGと比較してHEIFは2倍の圧縮率

And for camera capture, we’re seeing up to a 2 times better compression compared to H.264 and JPEG. So, another really big deal here.And we’re making all of these changes today. So, if you’ve installed the iOS, iOS 11 seeds, we’ve enabled HEVC Movie and HEIF Image Capture by default.

Introducing HEIF and HEVC – Apple Developer

ただし、HEVC(H.265)はWindows 10Android 5.0などネイティブサポートしているデバイス(OS)が増えてきていますが、HEIFはmacOS 10.12 SierraやiOS 10, Windows, Androidの全バージョンがネイティブサポートしておらず、ネットプリント系サービスなどサポートしているサービスも少ないため、iOS 11のカメラアプリはこれまでの「JPEG/H.264」を使用するオプションが追加されています。

JPEG/H.264を使う

 iOSのカメラアプリで「JPEG/H.264」を使用するオプションはiPhone 7および第2世代iPad Pro以降のiOSデバイスに追加されており、設定アプリから[カメラ] → [フォーマット] → [互換性優先]を選択するだけで、写真がJPEG, 動画がH.264フォーマットで保存されます。

iOS 11のカメラアプリでJPEGとH.264を使う

ファイルサイズを減らすため、写真とビデオを高効率のHEIF/HEVCフォーマットで撮影・録画します。”互換性優先”は常にJPEG/H.264を使用します。

 また、カメラアプリで撮影した写真をMacやPCなど他のプラットフォームへ転送する際のオプションとして、設定アプリの[写真]に「MACまたはPCに転送する」オプションも追加されており、デフォルトで自動的に写真とビデオを互換性のあるフォーマットに変換して転送するオプション[自動]が選択されていますが、

自動的に写真とビデオを互換性のあるフォーマットで転送するか、または常に元のファイルを互換性をチェックせずに転送します。

このオプションが有効になっていないと、macOS 10.12 Sierra以下のmacOSでAppleの写真アプリを使用し写真を読み込んでも、写真が表示されない状態になるので注意して下さい。

SierraとHigh Sierraの写真アプリでHEIFを表示したところ

macOS 10.13 High Sierraの写真アプリではHEIFフォーマットの画像も表示されます。

おまけ

 最近ではDropboxAmazon, Googleなどクラウドフォトサービスが「HEIF/HEVC」に対応してきているので、それらのサービスを利用すると、他のプラットフォームで互換性のある形式に変換しプレビューすることも出来ます。

HEIFとHEVCをサポートしたGoogleフォト

What’s New in Version 3.5.0

  • iOS 11 で導入された HEIF 写真と HEVC 動画のバックアップをサポート
  • 共有アルバムのカバー写真を、誰が追加した写真であっても任意の写真に変更できるようになりました
  • パフォーマンスを改善しました

リリースノートより

追記

 Dropboxサポートと説明が違うというご指摘をいただきましたが、WWDC 2017のセッション511で発表された通り、HEIFカメラキャプチャをサポートするのはA10 Fusionチップを搭載した「iPhone 7/7Plus」およびA10X Fusionチップを搭載した「第2世代iPad Pro(10.5/12.9インチ)」で、A9/A9Xチップを搭載したデバイスはH/Wアクセラレーションに対応しいるため、その説明を取り間違えているものと思われます。

カメラがHEIFをデフォルトとしたiPhone 7と第2世代iPad

HEIF capture is supported on the A10 chip devices which are iPhone 7 Plus, iPhone 7, and the newly announced iPad Pros.

Working with HEIF and HEVC – WWDC 2017 – Videos – Apple Developer