デジタルノートアプリ「Bear for iOS」がApple Watchに対応し新たにドロップ・バー機能を搭載。

スポンサーリンク

 デジタルノートアプリ「Bear for iOS」がApple Watchに対応し新たにドロップ・バー機能を搭載しています。詳細は以下から。

Bear note for iOSのアイコン。

 イタリアのShiny Frog社は現地時間2017年10月12日、WWDC 2017でApple Design Awardsを受賞したデジタルノートブックアプリ「Bear for iOS」をv1.3へアップデートし、Apple Watchに対応した他、新機能としてドラッグ&ドロップ機能を利用した「ドロップバー(Drop Bar)」機能を追加したと発表しています。

Bear for iOSのリリースノート

Bear for iOS gets drag and drop-ier, arrives on Apple Watch
When iOS 11 shipped, we were ready with support for drag and drop on iPad. “But wait a minute,” we said to ourselves. “We can go even farther.”

Bear for iOS gets drag and drop-ier, arrives on Apple Watch

Apple Watch

 新たにサポートされたApple Watchでは、コンプリケーションをサポートしApple Watchから音声(英語)でメモを作成することが出来るようになった他、直近10件のメモを表示出来るようになっています。

Bear for Apple Watch

Apple Watch 用 Bear へようこそ

Bear があれば、いつでもどこでも美しいメモを取ることができます。 いつどこにいても、声だけで新しいアイデアをすばやく保存したり、更新したりできます!

  • Bear が Apple Watch についに対応
  • 声だけでメモを簡単に作成!
  • 直近のメモ 10 件を表示および編集
  • 新しいテキストを最近のメモに追加
  • メモ内のテキストを完了としてマーク
  • テーマ! Bear のテーマを iPhone 上で変更すると、ウォッチ上のテーマも自動的に更新されます! これには、無料のテーマとBear Pro ユーザ向けのプレミアムテーマの両方が含まれます。

リリースノートより

ドロップ・バー

 また、Bear for iOSはv1.2.5でiOS 11でサポートされたドラッグ&ドロップ機能を利用できるようになっていますが、v1.3では新たに「ドロップ・バー」という機能が搭載されています。

Bear for iOSのドロップバー機能

 ドロップ・バー機能はドラッグ&ドロップ機能と連携し、ユーザーがBearのノートをドラッグするとノートリスト下にドロップエリアが出現し、そのエリアにノートをドロップすると以下の様な処理を行うことが可能で、複数のノートをドラッグ&ドロップする事でバッチ処理にも対応します。

ドロップパー

iPad および iPad にドロップパーが新たに登場! バージョン 1.3 では、Bear のドロップアンドドロップ可能がさらに大きくレベルアップしました。 1 つまたは複数のメモを新しいドロップパーにドラッグすることで以下を行えます:

  • メモリストの一番上にピン留め
  • メモをゴミ箱に入れる
  • メモの重複
  • 複数のメモにわたるタスクをすべて完了としてマーク
  • 1 つの巨大なメモにマージ
  • 1 つの巨大なメモとして他のアプリと共有
  • 1 つの巨大なメモとして、RTF、PDF、マークダウン、DOCX、JPG などの形式でエクスポートできます (注意: 一部のエクスポートオプションには Pro 版が必要です)。
  • クリップボードに 1 つの巨大なメモとしてプレーンテキスト、マークダウン、HTML、タグ無しテキスト形式などとしてコピー
  • リンクを選択したメモにコピーして他のアプリに貼り付けできます。
  • メモの識別子をコピーしてより高度なワークフローに利用できます。

リリースノートより

 Apple Watchおよびドロップ・バー機能ともアプリ内課金を行わなくても利用できるので、ユーザーの方は試してみて下さい。

Bear for iOS 無料