Apple、NumbersをアップデートしiPad版に数字キーボードを追加。

シェアする

スポンサーリンク

 AppleがNumbersをv3.1.1へアップデートし、iPad版に数字キーボードを追加したと発表しています。詳細は以下から。


 Appleは現地時間2017年04月25日、iOS用PagesやNumbers, Keynoteをv3.1.1へアップデートし、安定性およびパフォーマンスを向上した他、iPad版Numbersに数字キーボードを追加したと発表しています。

バージョン 3.1.1 の新機能

このアップデートでは、iPad用数字キーボードが追加され、データの入力中にキーボードを切り替える手間が減ります。また、その他の使いやすさの改善が含まれます。

Numbers – App Store

 通常iPadのキーボードは左右の[ABC]⇔[.?123]キーで標準か数字キーボードを切替え、セルに数字を入力後[Return]キーを押すと標準キーボードに切り替わる仕様になっていますが、

今回新たに追加された数字キーボードはいわゆるテンキー配列の数字入力用キーボードで、左上に[123]を押すことで以下の様なキーボードが表示され数字(データ)のみを入力していけるようになっているので、Numbersを利用されている方は試してみてください。

Appleはv3.1で「Swift Playgrounds コーディング用キーボード」を追加し、iWork for Mac/iOSを無償化しています。

コメント

  1. 匿名 より:

    おう、やっとか。長かった。

    ついでに、アルファベット入力から数字入力に切り替えた際、シフトキーの
    所に「あいう」と表示されるバグを直してもらいたい。

    このとき「あいう」を押したとしても、アルファベット入力に戻るだけだから。

    BTキーボード使うなら関係ないけど。

  2. 匿名 より:

    ついでにswift playgroundsの拡張されたキーボードはバグってて、キーボード上に
    表示される候補のうち、中央の幾つかが時々遮られて見えなくなるので、あまり
    有難くない。というかイラつく。

    インラインで候補が出るようすべき。

  3. 匿名 より:

    数値がなくなって、iPadでのNumbers使用は諦めてたレベルだったから、これはありがたい。
    しかし、前回のNumbersアップデートから、データ入力がより面倒になって、iPadをPCの代わりに使うなんて、実現は無理じゃないのって気分だよ。