VMWare、 Windows10およびOS X 10.10をサポートしiMac Retinaの5K表示も可能になった「VMware Fusion 8」を発売。

スポンサーリンク

 VMWareが Windows10およびOS X 10.10をサポートしiMac Retinaの5K表示も可能になった「VMware Fusion 8」および「VMware Fusion 8 Pro」を発売開始しています。詳細は以下から。


VMware-Fusion8-Box-Hero


 Ars TechnicaやMac Rumorsによると米VMware, Inc.がMac用仮想環境構築アプリ”VMware Fusion”および”VMware Fusion Pro”のバージョン 8を本日から発売すると発表したそうです。


Windows 10をサポート

 VMware Fusion 8はWindows 10に最適化され、今年秋にリリース予定のOS X 10.11 El Capitanにも対応予定。また、Parallels Desktop 10と同様Microsoftの音声アシスタント”Cortana”もMac側から使用可能になっているそうです。


Fusion8-Many_Virtual_Machines-980x551

Fusion 8 is optimized for Windows 10, and is ready for the next version of OS X, El Capitan, as either a host or a guest operating system. As in previous editions, Fusion supports many Linux-based operating systems.

Windows 10 support includes integration with Microsoft’s Cortana virtual assistant. Even in Unity mode, Cortana will remain active.

[VMware brings Windows 10 and graphics boost to Fusion and Workstation – Ars Technica]

最新のMacをサポート

 VMware Fusion 8ではiMac (Retina 5K)およびMacBook (Retina, 12-inch)に最適化されており、DirectX 10を使用したグラフィック性能が65%高速化されOpenGL 3.3もサポート、5K解像度の表示やUSB-C, 感圧タッチトラックパッドのForceTouch(強めのクリック)など最新のMacで使用されている技術にも対応したそうです。


vmw-scrnsht-fusion-advanced-graphics

Fusion 8 and Fusion 8 Pro are optimized for the latest Macs, including the iMac with Retina 5K Display and 12-inch MacBook. DirectX 10 support enables Mac users to run Windows virtual machines with native resolution on a 5K display, with USB-C support and Force Touch pass-through also in tow for the latest MacBook.

[VMware Launches Fusion 8 and Fusion 8 Pro With Windows 10, OS X El Capitan and Cortana – Mac Rumors]

サポートされるH/W

 構築できる仮想マシンは去年のVMware Fusion 7と変わらず最大16 CPU, 64GBメモリ, 8TBストレージ, 2GB VRAMまでで、Fusion 8 Proは開発者向けにDockerやIPv6 to IPv6 NATをサポート。


fusion-8-vs-fusion-8-pro

Fusion’s virtual machine limits are unchanged from last year, at 16 virtual CPUs, 64GB of RAM, 8TB storage, and 2GB of video memory.
Fusion 8 Pro is designed for developers, featuring integration with software like Docker, Chef, VMware’s Project Photon, and Vagrant. A new feature this year is support for IPv6 including IPv6-to-IPv6 NAT (Network Address Translation), boosting the ability to create complex virtual networks.

[VMware brings Windows 10 and graphics boost to Fusion and Workstation – Ars Technica]

価格

 価格はFusion 8の新規購入が9,990円、アップグレードが6,290円。Fusion 8 Proの新規購入が24,690円、アップグレードが14,890円(現在セール価格で11,167円)となっており、本日よりVMwareオンラインストアで購入できます。


VMware-Fusion8-Price2

 VMwareは同時に30日間利用可能な評価版(要メール登録)も公開しているので、興味がある方は関連リンクからVMwareの公式サイトへどうぞ。


VMware-Fusion-8-trial

おまけ

 Ars Technicaが昨日メディアプレビュー用にFusion 8を受け取り、Windows 10をインストールしてみたところ、Fusion 8には「Toggle Start Screenがグレーアウトして使えない」および「OS XのDockにWindowsのStart Screenの検索バーが被ってしまい使えない」といった不具合が見つかり、VMware側もこれを不具合だと認め今後改善していくと約束したそうです。


VMware-Fusion-8-Bug

VMware confirmed the bug to us yesterday, and said it will not be fixed in the initial version going out to customers today. It will be fixed in a point release later on.

The bug isn’t always present. On a second Windows 10 virtual machine, we were able to open the Start Screen—but the Start Screen’s search bar was covered by the Mac’s dock, so this wasn’t perfect either:

[VMware brings Windows 10 and graphics boost to Fusion and Workstation – Ars Technica]

関連リンク:

コメント

  1. Apple7743 より:

    高スンギんよ…

  2. Apple7743 より:

    パラレルもこんなもんやろ

  3. Apple7743 より:

    Windowsは激安タブレットを使う方向に切り替えました。
    自分のWindowsの使い方だと、VMもParallelsもちょっと高く感じてしまいます。OSXのバージョンが上がるたびに課金だから…。

  4. Apple7743 より:

    WindowsでゲームしかしないからbootCampしか入れてないわ…