Google、「Google Chrome v48」をリリース。37件の脆弱性を修正。

スポンサーリンク

 Googleが「Google Chrome v48」の安定版をリリースしています。詳細は以下から。


Google-Chrome-for-Mac-Hero2


 Googleは現地時間1月20日、Google Chromeの安定版となる「Google Chrome 48.0.2564.82」をWindows, Mac, Linux, Android, Chrome OS向けに公開しています。v48では37件の脆弱性が修正され、新機能などについては今後 ChromeChromium blogで取り上げていくそうですが、


Google-Chrome-48-Hero

Chrome 48.0.2564.82 contains a number of fixes and improvements — a list of changes is available in the log. Watch out for upcoming Chrome and Chromium blog posts about new features and big efforts delivered in 48.

Chrome Releases: Stable Channel Update

 Android版 Chrome v48ではPresentation APIおよびCast Web SDKを使用してGoogle Cast端末にWebサイトを表示できるようになり、カスタム通知ボタンが利用できるようになった他、すべてのプラットフォームのChromeで安全性向上のためRC4暗号を用いたHTTPSサイトへの接続ができなくなっているそうです。


Google-Chrome-48-RC4

Next up, the RC4 cipher is no longer supported over HTTPS connections. […] If you try to open a website that uses RC4 in Chrome 48, all you will get is the following error:

Chrome 48 brings custom notification buttons and removes RC4 encryption | VentureBeat

 また、既にGoogleはセキュリティの問題から2016年4月でGoogle ChromeのMac OS X 10.6 Snow Leopard 〜 OS X 10.8 Mountain Lionサポートを終了するとも発表しています。

関連リンク

コメント

  1. Apple7743 より:

    JRAのClub A-Patのサイトが見えなくなった orz