VMware、「VMware Fusion Technology Preview 2015」でOS X 10.11 El Capitanを限定的にサポート。

スポンサーリンク

 VMwareがOS X 10.11 El Capitan Developer Beta/Public Betaを限定的にサポートしたVMware Fusion Tech Preview 2015を公開しています。詳細は以下から。


VMware-Fusion-add-OS-X-El-Capitan-10-11-Hero


 VMware CommunityのFusionスレッドによると、VMwareは昨日リリースした”VMware Fusion Technology Preview 2015 Build 2884851″で次期OS Xである”OS X El Capitan Beta”を限定的にサポートしたそうです。主な新機能は以下の通り、

What’s New

  • Windows 10 Insider Preview Support:ISOでのインストールを推奨
  • OS X El Capitan Beta Support:El Capitanのゲスト&ホストOSをサポート
  • Other New OS Support :Ubuntu 15.04 と Fedora 22をサポート
  • DirectX 10 Support:Intel HD4000, GeForce 650M, Radeon HD 5770以上のMacでゲストOSがWindowsの場合DirectX 10をサポート
  • OpenGL 3.3 Support:Windows Vista から Windows 10 Insider PreviewでOpenGL 3.3をサポート

 最新の”VMware Fusion Technology Preview 2015”はVMwareアカウントを作成すればVMware Communityからダウンロード可能で、2015年12月31日まで試用可能なライセンスキーも発行されます。


VMware-Fusion-Technology-Preview-2015-Hero

 OS X 10.11 El Capitanが実験的にサポートされたことで、仮想環境のプリセットに”OS X 10.11″が追加されているので必要な方は試してみてください。


VMware-Fusion-add-OS-X-El-Capitan-10-11

追記

 インストールしてみました。


関連リンク: