撮影したスクリーンショットを編集し素早く共有できるWebサービス「Beem」のMac用アプリがリリース。

スポンサーリンク

 撮影したスクリーンショットを編集し素早く共有できるWebサービス「Beem」のMac用アプリがリリースされています。詳細は以下から。

Beem-app-Hero


 BeemはフランスのSubito Labsが開発しているWebサービス&アプリで、Macのスクリーンショットを撮影し直ぐに共有できます。

 使い方はアプリをインストールしてBeemアカウントかGoogleのアカウントでログイン。後はメニュバーのアイコンかショートカットキーでスクリーンショットを撮影しると自動的にBeemにアップロードされURLを発行してくれます。

Beem-Sign-in

 アップロードされスクリーンショットはダッシュボードから削除でき(プライバシーポリシー)、容量は無制限で1日に25枚のスクリーンショットをアップロード可能。またダッシュボードではスクリーンショットに矢印やテキスト、マスク処理などをすることも出来ます。

Beem-Dashboard-Feature

 システム要件はOS X 10.9 Mavericks以上、次期アップデートではプライベートスクリーンショットやチーム管理機能、iPhoneアプリ(iOS 8に対応)のリリースも予定しているそうなので、興味のある方は関連リンクからどうぞ。

関連リンク: