ゲームパッドに対応していないゲームのキーマッピングを汎用ゲームパッドの入力にリマッピングできるMac用アプリ「Joystick Mapper」を使ってみた。

スポンサーリンク

 汎用ゲームパッド(コントローラー)をキーボードキーやマウスの入力へリマッピングできるMac用ユーティリティアプリ「Joystick Mapper」を使ってみました。詳細は以下から。

 StremやFeral Interactiveなどメーカー側がゲームパッドをサポートし対応してくれている場合は問題ありませんが、キーボードやマウスだけに対応したゲームも多いのが現状ですが、「Joystick Mapper」はこの様なゲームをゲームパッドに対応(コントロール)させることが出来るアプリです。


Mac-F1-DualShock4-Hero2

リマッピング

 「Joystick Mapper」などのマッピングアプリは「ゲームパッドやコントローラーからの入力をキーボードやマウスの入力へ変換(Re-mapping)してくれるアプリです。基本的にキーボードやマウスの入力以上のことは出来ませんが、キーバインドなどの設定も可能です。


Joystick-Mapper-Feature

使い方

 使い方は簡単で、アプリを起動して[Add a new preset…](または[Edit this preset])からEdit Prisetウィンドウを開いて、左側にゲームパッドの入力、右側に変換したいキーボードの入力を入れていくだけです。


Joystick-Mapper-Mapping

 設定し終わったらEdit Prisetウィンドウを閉じ、メインウィンドウの使用したい設定のチェックボックスを入れます。


Joystick-Mapper-apply

 これでゲームパッドの入力が変換され、キーボードやマウスの入力としてゲームなどをプレイすることが出来ます。Lep’s World というマリオ風のゲームをプレイしてみましたが遅延も殆ど無くプレイ出来ました。


Joystick-Mapper-Leps-World-Play
[Gif Anime]

おまけ

 より詳しい設定方法はこちら。



おまけ2

 現在、Mac App Storeには「Joystick Mapper」の他に「GamePad Companion」という汎用コントローラーマッピングアプリがあり、こちらも購入してみましたがレビュー欄にあるようにPlayStation 4のDualShock 4では使えない(認識すらしてくれない)のでDualShock 4ユーザーの方は「Joystick Mapper」をお勧めします。(Joystick Mapperも現在のバージョンではBluetooth接続のDualShock 4には対応しておらず、次期アップデートで対応するそうです)


Joystick-Mapper-Controllers-Lite-GamePad-Companion


*この他にもControllers, ControllerMateなどのアプリがあります。

Joystick Mapper 500円

Joystick Mapper
カテゴリ: ユーティリティ
価格: ¥500
リリース日: 2012/05/30

Controliers Lite 無料

Controllers Lite
カテゴリ: ユーティリティ
価格: 無料
リリース日: 2013/07/25

関連リンク:
PlayStation 4のコントローラー「DualShock 4」をMacでBluetooth ペアリングする方法まとめ

ワイヤレスコントローラ (DUALSHOCK3) ブラック
ソニー・コンピュータエンタテインメント