Apple、アプリケーションやパフォーマンスを改善させた「iTunes 12.6.1」をリリース。

スポンサーリンク

 Appleがアプリケーションやパフォーマンスを改善させた「iTunes 12.6.1」をMacおよびWindowsプラットフォーム向けにリリースしています。詳細は以下から。

iTunes 12のインストーラーパッケージアイコン。

 Appleは現地時間2017年05月15日、iTunesのアプリケーションやパフォーマンスを若干改善した「iTunes 12.6.1」をリリースしたと発表しています。

iTunes 12.6.1アップデートのリリースノート。

iTunesの新機能

このアップデートでは、アプリケーションやパフォーマンスが若干改善されます。

リリースノートより

 iTunes 12.6.1はiTunes 12.6と同様のシステム必要条件で、Mac App Storeおよび公式サイトからダウンロード可能となっているので、ユーザーの方はアップデートしてみてください。

iTunesの必要条件
ハードウェア:

  • Intelプロセッサ搭載のMacintoshコンピュータ
  • 720pの高解像度(HD)ビデオ、iTunes LPまたはiTunes Extrasの再生には、2.0GHz Intel Core 2 Duo以上のプロセッサが必要
  • 1080pの高解像度(HD)ビデオの再生には、2.4GHz Intel Core 2 Duo以上のプロセッサおよび2GBのRAMが必要
  • 1024 x 768以上の画面解像度(iTunes LPまたはiTunes Extrasの再生には、1280 x 800以上が必要)
  • Apple Music、iTunes Store、およびiTunes Extrasの使用にはインターネット接続
  • オーディオCD、MP3 CD、またはバックアップCDを作成するには、AppleコンボドライブまたはApple SuperDriveが必要(Apple製以外のCD-RWレコーダでも動作する場合があります)。Apple Musicカタログの曲はCDに書き込めません

ソフトウェア:

  • OS Xバージョン10.9.5以降
  • 400MBの空きディスク領域
  • iTunes Extrasを使用するには、OS Xバージョン10.10.3以降が必要です
  • Apple Music、iTunes Store、およびiTunes Matchは国によってはご利用いただけない場合があります
  • Apple Musicを無料で体験するには登録が必要です。新規メンバーのみが対象となります。トライアル期間の終了後、メンバーシップは自動的に更新されます。

リリースノートより

おまけ

 iTunes 12.6.1にアップデートしてみましたが、iTunes 12.6で行方不明になった「再生回数をリセット」機能はまだ行方不明のままのようです。

iTunes 12.6で行方不明になった「再生回数をリセット」機能

コメント

  1. 匿名 より:

    itunesとios機器の連携の使い辛さはどうにもならないね。
    mac側とios側にあるコンテンツにどれ程差異があるのか、簡単に比較できない。