Apple、OS X YosemiteおよびEl Capitan向けに「セキュリティアップデート 2017-002」や「Safari 10.1.1」、「Mac App Storeアップデート」をリリース。

シェアする

スポンサーリンク

 AppleがOS X 10.10 YosemiteおよびOS X 10.11 El Capitan向けに「セキュリティアップデート 2017-002」や「Safari 10.1.1」、「Mac App Storeアップデート」などをリリースしています。詳細は以下から。

OS X 10.11 El Capitan

 Appleは本日、現在もサポートを続けているOS X 10.10 YosemiteおよびOS X 10.11 El Capitan向けに「セキュリティアップデート 2017-002」および、いくつかの不具合を修正した「Safari 10.1.1」、今後のアップデートとの互換性を強化する「Mac App Storeアップデート」などをリリースしています。各アップデートのリリースノートは以下の通り。

OS X YosemiteおよびEl Capitan用セキュリティアップデート 2017-002のリリースノート。

  • iTunes 12.6.1(関連記事)
    • このアップデートでは、アプリケーションやパフォーマンスが若干改善されます。
  • OS X Yosemite/El Capitan用 Mac App Storeアップデート
    • このアップデートは、今後のソフトウェア・アップデートとMac App Storeの互換性を強化するもので、全てのユーザに推奨されます。
  • Safari 10.1.1
    • Safari 10.1.1アップデートはすべてのOS X El Capitanユーザーに推奨され、セキュリティの改善を含んでいます。
  • セキュリティアップデート 2017-002 10.10.5/10.11.6
    • セキュリティアップデート 2017-002をすべてのユーザーに推奨します。このアップデートを適用すると OS Xのセキュリティが向上します。

リリースノートより

 アップデートはMac App Storeおよび、以下Appleの公式サイトからダウンロード可能となっており、今回のアップデートではYosemiteが12件、El Capitanは13件の脆弱性が修正されているので、YosemiteおよびEl Capitanユーザーの方は時間を見つけてアップデートする事をお勧めします。

OS X 10.11 El Capitan用のセキュリティアップデート 2017-002 pkgインストーラー