利用したアプリやファイルの使用時間を記録してくれるMac用タイムトラッカーアプリ「Timing」がv2.0のBeta版を公開。

スポンサーリンク

 利用したアプリやファイルの使用時間を記録してくれるMac用タイムトラッカーアプリ「Timing」がv2.0のBeta版を公開しています。詳細は以下から。

 Timingは元Googleのドイツ人エンジニアDaniel Almさんが開発&販売しているアプリで、「AppTime」や「App Magic」の様にユーザーが利用したアプリやファイルを記録し、過去の作業を振り返ったり、作業効率を上げるためのタイムトラッカーアプリですが、この「Timing」のv2.0 Beta版が公開されています。

Time Tracking Sucks.Deal With It.Or Use Timing.
Have you ever spent all day in front of your Mac, just to wonder where the heck all that time went?No matter how good your system is, time tracking is still cumbersome and error-prone.Timing fixes that. It observes how you use your Mac and categorizes your activities.

Automatic Mac Time Tracking for Freelancers — Home – Timing

 Timing v2.0はTiming v1.xの機能に加え、タイムライン表示や新しいレポート作成ウィンドウ、ドラッグ&ドロップでのタスク分け、Mac以外で作業したタスクをマニュアルで追加できる機能などが利用できるそうです。

 Timing v2.0は公式サイトのメーリングリストへ登録することでダウンロードすることが出来るので、興味のある方は利用してみてください。

コメント

  1. 匿名 より:

    bash開いて、ps auxでいいじゃん。
    何故無理やりアプリとして実行したがるのか?