Parallels、多くのLinuxディストリビューションを無料で利用可能な「Parallels Desktop Lite」をMacAppStoreで公開。

スポンサーリンク

 Parallelsが多くのLinuxディストリビューションを無料で利用可能な「Parallels Desktop Lite」をMacAppStoreで公開しています。詳細は以下から。


 Parallelsシリーズを開発しているParallels, Inc.は現地時間03月04日、昨年から一部地域のMac App Storeで公開していた「Parallels Desktop v12 for Mac」の機能を一部制限し、AppleのSandbox内で動作する仮想マシン構築アプリ「Parallels Desktop Lite」を日本のMac App Storeでも新たに公開しています。

Parallels Desktop Lite により、 Mac で Windows、Linux およびそれらのアプリケーションを簡単に実行できます。

オペレーティングシステムを切り換えたり、Mac、Windows、Linux の間でアプリケーションを切り換えたりするときに、Mac を再起動する必要はありません。Internet Explorer®、Quicken®、QuickBooks、さらに Mac では利用できない他の Windows や Linux のアプリケーションを Pages® や Keynote® などの Mac アプリケーションと同じく、同時に使用できます。開発者からもっとも支持されている Mac 仮想化ソフトウェアを利用できます。

Parallels Desktop Lite – Mac App Store

システム要件とライセンス

 Parallels Desktop Liteのシステム要件はOS X 10.11.5以降で、Parallels Desktop 12 for Mac(Standard Edition)のいくつかの機能が制限されている他、Windowsを仮想マシン(ゲスト)として利用する場合は年間59.99ドルのアプリ内課金が必要になっています。

Parallels Desktop Liteのライセンス

  • Linux 仮想マシンをダウンロードして実行する → 無料
  • macOS 仮想マシンをインストールして実行する → 無料
  • Windows 仮想マシンをインストールして実行する → アプリ内で購入が必要

Parallels Desktop Liteを利用して実行できるOS

  • Windows 10、Windows 8、Windows 7、Windows Vista®、Windows XP
  • 大部分の Linux ディストリビューション
  • macOS Sierra 10.12、 OS X El Capitan 10.11、OS X Yosemite 10.10、OS X Mavericks 10.9、OS X Mountain Lion 10.8、OS X Lion 10.7x

LiteとStandard

 Parallels Desktop LiteとStandard Edition(ライセンスやパッケージ販売されているもの)の機能の違いは以下の通りで、Liteで利用できない機能はアプリ内課金をしても利用可能になることはないので、Parallelsも既存のParallels Desktop for MacユーザーにはLite版を利用することを進めていませんが、

注:Windows は別途の購入となります。
注:既存の Parallels Desktop® for Mac ユーザーには、Parallels Desktop Lite への移行は推奨されません。

Parallels Desktop Lite – Mac App Store

機能 Lite Standard
Edition
備考
Macのジェスチャーを用いた
Windowsアプリの操作
Mac/Windows間の
時刻同期
ゲスト/ホスト間での
マウスの同期
Mac/Windows間での
クリップボード同期
ドラッグ&ドロップで
Windowsとファイル共有
Macのフォルダを
Windowsで共有
Windowsの解像度設定
DirectX 10.1
Macの位置情報を
Windowsと共有
Macのプリンターを
Windowsと共有
Boot Camp領域の
WindowsをVMとして使用
WindowsやLinuxのアプリを
macOSのネイティブアプリ風に
使用するCoherenceモード
Coherence[1, 2]
ブリッジネットワークモードで
VMをグローバルネットから
見えるようにする
PCのWindowsを
VMへ変換する
macOSのファイルを
ゲストOSのアプリで開く
Macのバッテリーを
節約するために
仮想マシンを自動停止する
ゲストOSのファイルを
macOSで共有する
Windowsでクリックした
WebリンクをmacOSの
ブラウザで開く
起動している
VMのアイコンを
Dockに表示
iCloud, DropBoxなどの
クラウドサービスを
macOSとWindowsで共有
クラウド共有
30日間無料の
ウィルス対策アプリを
macOS/ゲストOSへ提供
Kaspersky
価格 59.99ドル/年 シングル
8,500円
Amazonセールでは5,000円程

Chromium OSやUbuntu, Fedora, CentOS, Debianなどのディストリビューションは無料で利用&セットアップまで行ってくれるので、興味のある方は利用してみてください。

コメント

  1. 匿名 より:

    Windows入れると課金かよ、いみねー

  2. 匿名 より:

    もうWindowsとか割れ関連のソフトくらいしか用途が思いつかないよ。

  3. 匿名 より:

    アイコン変えればいいのに

  4. 匿名 より:

    veertuあるしなぁ

  5. 匿名 より:

    Hypervisor.framework使ってるんだろうな。
    スタンダード版もハイパーバイザとして選択できる。