Mac用クリップボードアプリ「Clipy」がv1.1.3へアップデート。1Password miniが除外されない問題が修正され、カラーコードのサムネイル表示が可能に。

スポンサーリンク

 Mac用クリップボードアプリ「Clipy」がv1.1.3へアップデートし、1Password miniが除外されない問題が修正され、カラーコードのサムネイル表示機能など追加されています。詳細は以下から。

Clipy icon

 ClipyはnaotakaさんのClipMenuをベースに、えこなさんがSwift化しリメイクしたMac用クリップボード拡張&スニペットアプリですが、このClipyがv1.1.3へアップデートし、いくつかの不具合修正および新機能を追加しています。

Clipy 1.1.3

  • macOS Sierraを公式サポートに追加しました 🎉
  • macOS Mavericksのサポートを終了しました 🚀
  • メニュー内のアイコン表示設定を追加しました 🚀
  • カラーコードのサムネイル表示に対応しました(#FFFFFFのような形にのみ対応しています) 🚀
  • ペースト時にアプリが固まる問題を軽減しました 🚀
  • バグの修正 🐛
    • 画像サムネイルが表示されない問題の修正
    • 画像をコピーした際にクラッシュする問題の修正
    • 1Password.appを除外設定した際に各種拡張である1Password miniが除外されない問題を修正しました
    • 各種細かいバグの修正を行いました

新機能

 Clipy v1.1.3では新たにカラーコードのサムネイル表示に対応し、”#FFFFFF”といった16進数のカラーコードをコピーすると、Clipyの履歴メニューにサムネイルが表示されるようになっており、除外アプリに1Passwordを追加した時にPassword miniが除外されない問題が修正されているそうです。

 カラーコードのプレビュー機能は[Clipyアイコン] → [環境設定] → [メニュー]から無効にすることも可能で、加えて「メニュー項目にアイコンを表示する」オプションも追加されています。

 また、Clipy v1.1.3ではOS X 10.9 Mavericksがサポートから外れ、macOS 10.12 Sierraが公式にサポートされているので、ユーザーの方はアップデートしてみてください。